【25.タンメン】

東京タンメン トナリ【東京駅一番街】

Torari

808杯目、「今日の俺の飯は、トナリ 特製タンメン[950円]」

2度目の訪問です(前回の丸の内店はこちら
たまたま東京一番街に寄ったところ、東京ラーメンストリートの店舗入替えがあり、こちらの店が開店したおりました。行列も無かったので訪問しました。

麺:中太平打ち麺
汁:野菜塩豚骨
具:ベーコン・味玉・炒め野菜(もやし・白菜・キャベツ・人参・コーン・ニラ・豚肉・カマボコ)・生姜
卓:ラー油・胡椒・酢・餃子タレ

Men
麺は中太の平打ち麺です。縮れがほとんど無く、ズバズバと啜って食べられる麺です。平たく表面がツルツルした麺の為、汁の絡みが悪い気がする。汁が濃厚なので絡み過ぎても良く無いのだろうが、平打ち麺であれば思いっきり縮れた麺が俺的には好み。
Shiru
汁は炒めた野菜からの旨味がとけ込んだ白濁した塩豚骨です。濃厚タンメンと看板に唄っており、こちらの店のオリジナリティなのだろうが、やはりタンメンはクリアなスープであってほしい。白濁の汁に各種の野菜が入るとどうしてもチャンポンに見えてしまう。チャンポンの定義は諸説あるようですが、見た目や食べた感じはチャンポンです。添付の辛味噌を入れると一気に辛味に変化する。俺的には辛味が好き。
Gu
具に大きなベーコンが入るがこれが美味い。スープとの相性も非常に良いです。炒め野菜は色々な野菜が入り、見た目にも楽しい。しかし煮込み過ぎなのかシャキシャキとした食感は極めて弱いです。
★×3っつです
どうしてもリンガーハットのチャンポンを思い出してしまう。リンガーハットのチャンポンも大好きですが、白濁スープをタンメンとして食べるのは抵抗がありました。
定休日:なし
営業時間:11:00〜22:30(LO 22:00)
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1東京駅一番街B1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花水ラオシャン 本店【平塚】

Raoshan

797杯目、今日の俺の飯は『 花水ラオシャン ワカメタンメン(中盛)[400円+100 円]』

初掲載です。
平塚勤務時代に数回行った店です。駅前に同様のラーメンを出す『老郷』と書いて、ラオシャンと読む店があったので、帰宅時にそっちの方ばかり行ってました。
麺:中細直
汁:酢味クリア塩
具:刻み玉ねぎ・ワカメ
卓:ラー油・酢・醤油・胡椒

Men
麺はヒヤムギのように白い中細麺です。ツルツルとしなやかな麺で、モチモチとした食感でなかなかのボリュームです。

Shiru
汁はクリアで適度な酢の酸味が利いた塩スープです。酢の風味が特徴的で、そのままでも旨いが、ラー油をいれることで香ばしいゴマ油の薫りと、唐辛子のパンチが加わる。
具は刻み玉ねぎとワカメだけ、これがラオシャンです。それ以外が入っても逆に合わない気がする。麺・汁・具の一体感が凄い。

★×4っつです。
駅前の老郷と味の違いがわからないが、少し違う気がする。しかし、何が違うかが明快にはわからない。こちらの方がメニューが豊富でワンタンや生卵を入れたものがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺処 丹行味素②(夏期限定冷や冷やタンメン)【北新横浜】

Hiyatan

794杯目、今日の俺の飯は『丹行味素 冷や冷やタンメン[850円]』

2回目の訪問です(1回目はこちら
夏季限定の冷やしタンメンがあるとのことで行ってきました。

麺:中太平打ち
汁:鶏がら冷やし
具:鶏がらシャーベット・ひき肉・炒め野菜(キャベツ・人参・木耳)・もやしキムチ・味玉
卓:唐辛子・胡椒

こちらも8月17日の訪問で、ブログのアップが本日(9月24日)ということがあり、記憶が曖昧ですので、記事は省略します。

Men_3

Up_3

Moyashi

★×3っつです

暑い日に冷え冷えのタンメンはナイスです!
しかし、やはりタンメンは温かい方が旨いといわざるを得ないです。また、全体的にコストパフォーマンスが悪いです。また、タンメンを提供するのであれば卓上に酢とラー油がほしいところです。

非常に創意工夫が好きな店主のようなので、今後に期待しております!

定休日:水曜
営業時間:11:30~14:00(月・火)11:30~14:00/18:00~20:00(木・金)11:00~14:00/18:00~20:00(土日祝)
住所:神奈川県横浜市港北区北新横浜2-5-13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺や 七彩②[朝限定トマトタンメン]【東京駅一番街】

Tanmen

760杯目、今日の俺の飯は『麺や 七彩 朝らー限定トマトタンメン[950円]』

二度目の掲載です。(前回はこちら
東京ラーメンストリートの六厘舍の朝つけ定食を狙ったが、7:30前にして20名ほどの行列だったので、諦めて朝営業をやっている七彩で朝限定ラーメンをいってみました。

麺:中太平打ち縮れ
汁:濃厚トマトスープ
具:プチトマト・青菜
卓:胡椒・唐辛子

Men

麺は中太の縮れた平打ち麺です。前回食べたときよりも美味く感じた。こんなに太平だったかな?ピラピラモチモチとした食感です。トマトスープの絡みも良く、相性も良い。
汁は濃いめのトマトスープです。やや粘度があるミネストローネスープって感じです。デフォルトでブラックペッパーが入っている。

Tomato

具は半分に切ったプチトマトと青菜。トマトは焼きトマトのような味わい。果肉部分も分厚くドロッとするような嫌な食感は皆無です。青菜は一見チンゲンサイのようだが、味と香りはレタスって感じです。これはロメインレタスって奴かな?トマトの重厚な味に適度に火の通った青菜の清涼感がナイスマッチ

★×2つ半です。

洋食的要素が強すぎて、ラーメン食ってる感に欠ける。良質な野菜を使っているのだろうが、950円の価格提供であればもうちょっと具沢山であってほしい。
出勤前に時間があったので食べたのだが、席について提供までに15分以上かかるのは予想外でした。

定休日:なし
営業時間:7:30~10:00/11:00~17:00(17:00~22:30は江戸甘として営業)
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1東京駅一番街B1F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陳さんのタンメン亭【武蔵小金井】

Chin

756杯目、今日の俺の飯は『陳さんのタンメン亭 タンメン+チャーハン+餃子[650円+650円+350円]』

初訪問です。
俺がラーメンブログを開始し始めた頃から知っていたが、初訪問です。
たんめん屋 楽【東大和市】の店主がこの店のタンメンが好きで、開店したとも聞いたことがありました。

麺:中細縮れ
汁:鶏がら塩
具:白菜・もやし・豚コマ
卓:醤油・酢・胡椒・特製ラー油

Men

麺は中細の低加水縮れ麺です。ボソッとした食感ですが、嫌な感じではなく、むしろその麺が汁や野菜に良く合う。
汁は鶏がらメインの塩、少量の脂が浮いている。店内の薀蓄ではモミジやら野菜やらを大量に使用し濃縮と記されているが、濃厚なスープではなくサラりとしたスープに鶏や野菜の旨みが濃縮されてる。
具は白菜・もやし・豚コマが炒められたものが入る。卓上のラー油・酢で味を変化させても美味い。

Gyoza

餃子は皮がモチモチで中はジューシー。
今まで食べた餃子の中で一番美味かったといっても過言ではないレベル!

Chahan

チャーハンも美味いが、楽【東大和市】の方が上かな

★×3っつです。

楽【東大和市】がこちらの店をインスパイアしているとのことだろうが、ほぼ同じ構成であった。特製ラー油も特に驚きはない。そして、楽【東大和市】の方が俺の好みでした。

定休日:木曜
営業時間:11;40~14:30/18:00~21:30
住所:東京都小金井市貫井北町3-6-31

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はつね③【西荻窪】

はつね

723杯目、今日の俺の飯は「はつね タンメン(大盛)〔700円+100円〕』

3度目の掲載です。(前回はこちら

麺:中細縮
汁:超クリアー鶏がら塩
具:キャベツ・もやし・人参・白菜
卓:胡椒・ラー油・酢

Up

相変わらずに美味い。調理方法を見ていたが、キャベツ・白菜を切る際に丁寧に繊維に沿って切っている。あの大量の野菜をカッターではなく、手作業で切っているので、あのシャキシャキ感がでるのだろうか?
あまりに気にしていなかったが、他の店舗で見られるタンメンの野菜よりも細かく刻まれており、それでいてシャキシャキしている。

問答無用の★×5つです。

二郎に侵された舌に染み渡るタンメンでした。

定休日:日曜・祝日
営業時間:11:00~17:00
住所:東京都杉並区西荻南3-11-9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京タンメン トナリ 丸の内店【東京】

トナリ

717杯目、今夜の俺の飯は『トナリ タンギョウ(麺大盛)〔880円+100円〕』

初掲載です。
かの「六厘舎」関係者が開店したタンメン専門店の2号店のようです。オーダーしたタンギョウはタンメンと餃子のセットの略称のようです。ネットでの評判が良かったので行ってみました。提供時に「生姜いれますか?」と聞かれたので、お願いしました。

麺:平打ち太麺
汁:野菜塩とんこつ
具:野菜炒め(もやし・白菜・キャベツ・人参・タコ・豚肉・コーン・ニラ)・カマボコ・生姜
卓;醤油・ソース・胡椒・酢・ラー油

Up

麺は平打ちの太麺です。縮れはほとんど無くストレートの平打ち麺と言った感じです。この手の麺はあまり好みではありません。
汁は炒め野菜の旨みが溶け込んだ塩豚骨です。生姜との相性も良く感じましたが、タンメンでこのスープ?と思ってしまいました。
具の炒め野菜は種類が豊富です。
汁の味といい具のコーンやらカマボコとリンガーハットのちゃんぽんを思い浮かべました。
タンメンが720円となるため、+160円で餃子が食べれます。
160円で肉餡もしっかりしてなかなか美味い餃子が6個食えると思うとお得感があります。

★×3っつです。

タンギョウのほかにもタンカラ(から揚げとのセット)もあります。野菜炒めの量も多く、ボリュームもコストパフォーマンスもなかなかです。
しかしながら、わざわざ並んで食べるほどのものとは思いませんでした。
タンメンであれば楽【東大和市】やはつね【西荻窪】の方が数段上に感じました。
チャンポンであればリンガーハットに行けば良いと思いました。

定休日:なし
営業時間;11:00~22:00
住所;東京都千代田区丸の内2-7-3B1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はつね②【西荻窪】

はつね

708杯目、今日の俺の飯は『はつね タンメン(700円)』

2度目の掲載です。(前回はこちら

麺:中細縮
汁:超クリアー塩
具:キャベツ・もやし・人参・玉葱
卓:胡椒・ラー油・酢

Up

麺はストレートに近い中細縮れ麺です。
普通盛りにしましたが、それなりのボリュームがあります。
汁はやや金色がかった透度の高い塩汁です。見た目は薄味っぽいですが、しっかりとした味です。
具はキャベツやもやしを中心とした野菜炒めです。もう少し火が通ってたり、通って無くても、ちゃんと美味く感じることができるだろうが、コレしかないという絶妙なシャキシャキさで調理されております。

★×5つです

卓上に酢やラー油がありますが、まず必要ありません。肉類が一切入っておりませんが(ダシは別)全くもって物足りなさを感じません。
こんな美味いタンメンは他に無いです。楽【東大和】のタンメンもこれにはかなわないと思う。

定休日:日曜・祝日
営業時間:11:00~17:00
住所:東京都杉並区西荻南3-11-9

| | コメント (2) | トラックバック (0)

はつね【西荻窪】

タンメン

637杯目、今日の俺の飯は『はつね タンメン(700円)』

初訪問です。
タンメンが美味いと聞いたので行って来ました。

麺:中細縮
汁:超クリアー塩
具:キャベツ・もやし・人参・玉葱・白菜
卓:胡椒・ラー油・酢

麺はストレートに近い中細縮れ麺です、プルッとした食感が良いです。
汁は出てきた瞬間ビックリです。
お湯?っと疑うほどに透明なスープです。調理段階を見ると一切肉を使っていません。極少量の脂がスープに浮かんでおりますが、野菜を炒める際に使用した油の量を考えても、少ないです。このスープの透明度はどうやってるんだろう?
また、野菜の旨みはでているんだが、強烈に出ているわけでもない・・・。
しかし、なんなんだろうこの美味さは?楽【東大和市】のタンメンともまた違う・・・
具は前述どおり野菜のみ、キャベツだのにんじんだの色々と入っているんだがゴチャゴチャせずに調度良いシャキシャキさがある。

★×4っつ半です。
殿堂入りです。

二郎や家系やスタ丼ばかり食っている「俺」の舌を一気に洗い流してくれた感じです。
迷わず汁完飲です。
もの凄いタンメンでした。

定休日:日曜・祝日
営業時間:11:00~17:00
住所:東京都杉並区西荻南3-11-9

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たんめんや 楽⑦【東大和市】

たんめん

603杯目、今日の俺の飯は『たんめんや楽 たんめん大盛+チャーシュー〔700円+200円〕』

7度目の訪問です。(前回はこちら
久々の「楽」です。かつては本業の帰りによく訪問してたのだが、私の廃業・皆の転勤によりかつての同行者だった「もやま氏」「ミツヨ氏」「ギ氏」「オーウ氏」「オノサト氏」「ヤス氏」など等の姿はもう無い。店主も寂しがってた。

麺:中細縮れ
汁:クリアー鶏がら塩
具:豚コマ・白菜・もやし・チャーシュー
卓:ラー油・酢・醤油・葫醤油・塩・胡椒

相変わらず美味い。
コクがあるのにあっさりとした鶏がらスープに白菜と豚コマの旨みが溶け込んでいる。
その汁がややボッソリとした低加水の中細縮れ麺にしっかりと絡む。
卓上のラー油・酢はお好みだが、『俺』は最初の数口はなしで食べて、その後ラー油・酢をやや多めに入れる。ラー油の投入により辛さはもちろんだが、ごま油の香りがより食欲をそそる。酢の投入により酸辣麺のような酸っぱ辛さを演出してくれる。
具のチャーシューは2枚で(写真のは半分にカットされている為4枚)200円とやや高価であるが、表面のタレの染みた部位がほんのりと香ばしく美味い。
もちろん替玉をしてさらに酢とラー油で味を変える。その際、味が薄くなったと思ったら卓上の葫醤油を入れても美味い。

もちろん完飲です。

★×4っつ半です。

しかしながら残念なことにこの店も他のラーメン屋と同じく値上げとなったしまった。
それでも美味いと思う。

Oshirase

定休日:水曜日
営業時間:11:30~15:00/17:00~20:00
住所:東京都東大和市南街2-5-6

| | コメント (0) | トラックバック (0)