【24.辛口・カレー】

豚星。【東白楽】

Butaboshi

817杯目、今日の俺の飯は『豚星。辛麺豚入り(小)[800円]』

初掲載です。
数回訪問しておりますが、初掲載となります。

麺:太麺
汁:辛口二郎インスパ醤油豚骨
具:豚・茹で野菜(もやし・キャベツ)・刻みニンニク
卓:唐辛子・胡椒

Butaboshi_men

麺は柔らか目の太麺です。インスパイア店では某製麺所の麺が多用されてますが、なんとこちらは自家製麺のようです。麺量・質共に直系二郎にも劣らない麺です。 
Butaboshi_shiru

汁は唐辛子ペーストを溶かし込んだ二郎豚骨醤油です。多量の唐辛子が目視確認できるので激辛と推察したが、食べてみると適度な辛味です。辛さの中に旨さありです。脂・ニンニクのパンチとも相まって辛党にはたまらない二郎汁となっております。   
Butaboshi_buta

具の豚は塊とスライスの両者が入ります。塊肉は麺を混ぜると形を保てないほどに柔らかい。スライスは適度な固さを保ちながらもサックリと柔らかい。野菜はキャベツが2割強だろうか、やや柔らか目です。ニンニクは荒く刻まれており、奥歯で噛み潰した際のパンチが半端ない。

★×5です。

直系二郎と言われても違和感の無いレベルです。
二郎という足枷がない分、自由に限定やらをやっているようです。
二郎系で辛口というと「富士丸板橋南町店 火山」が思い出されますが、豚星。の辛口麺も同じく俺的にストライクでした。

定休日:日曜
営業時間:11:00〜14:00/16:00〜22:00
住所:神奈川県横浜市神奈川区六角橋2-10-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍上海【新横浜】

Ryushanhai

800杯目、今夜の俺の飯は『龍上海 赤湯からみそラーメン[850円]』

初掲載です。

職場の最高責任者『GB』が東北圏出身で、親戚の家に遊びにいくと近所にあるこの店に行くらしい。時々そのネタで会話になるのだが、実物を食った事がなかったので行ってきました。

麺:中太縮れ
汁:魚介薄味噌
具:チャーシュー・辛味噌・メンマ・ネギ・なると・青海苔
Men_4
麺は平打ちの縮れ太麺です。モチモチとした食感が良いです。
Shiru_4
汁は表面に脂層が浮かぶ薄めの味噌です。温度も高く表面の脂層で冷め難くなっている。薄めの味噌と表記しましたが、塩分や魚介風味はしっかりとしており、辛味噌を溶かさなくても味噌ラーメンとして完成している。
Shiru2
麺上の辛味噌を溶かすと、唐辛子やニンニクの効いた辛味噌ラーメンに変化します。全部溶かしても激辛ってほどにはなりません。
Up
具には札幌味噌によく見られる炒め野菜は入らない。辛味噌については前述とおり。チャーシューは薄味の煮豚スライスです。インパクトには欠けるがこのラーメンには合っている。メンマは細目で筋張った硬めのものが入る。青海苔が薄めの味噌にナイスマッチ。

★×3っつ半です

モチモチの平打ち麺を魚介ダシの効いた熱々の白味噌ベースの汁に入れ、後に多量の唐辛子を含む赤味噌を溶かす。濃厚味噌ラーメンを出す良店は増えたが、このタイプの味噌ラーメンの良店は初めてです。残念ながらマイナスポイントは辛味噌を溶かすと辛味以上に塩味が強くなるところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゑびな軒【海老名SA】[限定 夏野菜と味噌のキーマカレー風つけ麺]

Nantsu

791杯目、今日の俺の飯は『ゑびな軒 夏野菜と味噌のキーマカレー風つけ麺[880円]』

初訪問です
東名高速の海老名SA内のフードコートにてなんつッ亭とのコラボメニューがあったので食べてきました。

麺:中太直
汁:マー油入り味噌つけ汁
具:キーマカレー・夏野菜(コーン・パプリカ・玉葱・ピーマン・茄子)

Men

Kima

麺は中太ストレートです。もちもちとした食感で旨い。SAでこのレベルの麺が食えるのはうれしい。この麺にたっぷりとキーマカレーがかかっている。このキーマカレーも辛めで旨い。

Shiru_2

汁はマー油が浮いた味噌つけ汁です。ややミルキーでコクがあり味噌風味が強すぎず旨い。最初は麺だけをつけて食し、その後麺とカレーを絡めたものをつけて食べる。俺的にはカレーを絡めたほうが数段旨かった。

Gu

味噌つけ汁とカレー麺をつけていくうちに、汁自体がスパイシー味噌カレーつけ汁となっていく。刻んだ夏野菜とカレーの相性もピッタリです。麺を食べ終わった後はライスを投入して味噌カレーリゾットとして食べる。麺・飯・汁と全て完食です。

★×4っつ半です。

SAの限定ということであまり期待しておりませんでしたが、なんつッ亭でレギュラーメニューにしても良いんじゃないかと思うくらいに旨かったです!

定休日:なし
営業時間:00:00~24:00
住所:神奈川県海老名市大谷4955

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン富士丸 板橋南町店②【要町】

Kazan

778杯目、今夜の俺の飯は『ラーメン富士丸 板橋南町店 火山(800円)』

2度目の訪問です(前回はこちら
寒いので久しぶりに火山を食べたくなったので、行ってきました。

麺:中太平打ち麺
汁:ラー油唐辛子非乳化二郎インスパ醤油豚骨
具:豚・ヤサイ(もやし・キャベツ)・刻み葫・生卵
卓:唐辛子・胡椒・ラー油・醤油ダレ・胡麻

Kazan_shiru

Kazan_up1

Kazan_men

麺は中太の平打麺です。茹で方のコールは特にしませんでしたが、やや硬めに茹でられてます。粉の密度が高くみっしりとした食感です。

汁は唐辛子とラー油がたっぷり入った非乳化二郎インスパです。唐辛子の辛さと二郎汁の甘辛さそしてニンニクがコンロで温められ、鍋内に火山汁ができあがります。この鍋にある程度の量の麺・ヤサイを入れて、煮込みながらすき焼き風にして食べました。少し煮込まれた方が味が染みてうまいです。

Kazan_but

具の豚は富士丸全般に言えるが柔らかくハイレベルです。ヤサイはクタクタで俺好みです。ニンニクは量の割にパンチはない。

★×4っつです。

鍋で温める方式や唐辛子とラー油のインパクトと非常に俺好みな二郎風つけ麺ですが、今日食べた感じは甘さが目立ちました。もうちょっと甘さを抑えた汁だといいかな

定休日:月
営業時間:18:00~24:00
住所:東京都板橋区南町4-7


| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 はやしまる⑩【高円寺】

Tantan

773杯目、今日の俺の飯は『はやしまる たんたんめん(大盛)+わんたん+角煮[900円+100円+180円+300円]』

10度目の掲載です。(前回はこちら
久しぶりのはやしまるです。訪問前は絶対に塩わんたんめんを食べようと思ってたが、店頭の張り紙にたんたんめんの文字があり、たんたんめんをオーダー。しかもわんたんと角煮のダブルトッピングで1,500円近いコストとなってしまった。

麺:中細直
汁:マイルド坦々汁
具:ワンタン・角煮・肉味噌・茹で野菜(キャベツ・もやし)・刻みネギ・パクチー
卓:胡椒・酢・魚粉

Men

麺は中細のストレート麺です。こちらの麺は自家製麺でブレもあったような記憶があるが、基本的にハイレベルな麺を提供してくれます。初めて中細麺を食べたが、中太麺のようなモッチリさと細麺のしなやかさを備え持つ中細麺です。

Shiru

汁は超マイルドな坦々汁です。表面にラー油が一周程度回されていますが、ほとんど辛味はありません。胡麻の風味も抑え気味のライトな担々麺です。パクチーの風味が良く合います。

Kakuni

具の角煮は脂身はトロリと赤身は柔らかく煮られております。胡麻風味とも合います。茹で野菜のキャベツも大きめにカットされており、良い感じの存在感が出ております。しかしながら、茹で野菜のせいか汁が薄めに感じた。

Wantan

こちらの名物のワンタンです。生姜の利いた硬めの餡がうまい。皮も自家製なのかな?麺のようにモッチリとして美味い。しかしワンタンと坦々汁との相性はそれほどでもない。塩や醤油の方が合う気がする。

★×3っつ半です。

全体的にハイレベルで丁寧なラーメンでした。しかしやはりここでは塩ワンタンを食うべきだったかなぁ、こちらのワンタンを最大限に美味く食べるには坦々麺ではないと思った。

定休日:水曜・第二第三火曜
営業時間:月〜土)11:30〜23:00 日・祝)11:30〜21:00
住所:東京都杉並区高円寺北2-22-11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒙古タンメン中本⑩〔秋季限定 北極の秋〕【吉祥寺】

Aki
772杯目、今夜の俺の飯は『蒙古タンメン中本 北極の秋[900円]』

10度目の掲載です(前回はこちら
中本はこちらの吉祥寺店と高円寺店に時々行ってますが、掲載自体は2年ぶりとなっておりました。吉祥寺店の季節限定「北極の秋」をオーダーしました。

麺:中太直麺
汁:激辛味噌
具:豚肉・きのこ・ネギ・ごぼう・油揚げ・ニラ
卓:酢・唐辛子・紅生姜

Men
麺は中太のストレート麺です。モチモチした食感が美味いのですが、熱さと辛さで中々食えません。麺を冷まして食うのがやっとです。
Shiru
汁は激辛熱々の超辛味噌です。2年ほど北極を食ってなかったので、久々の北極は応えました。。。滝のように汗が吹き出し、目の前が霞みます。
Up2
具は大量のネギが乗せられ、シメジ・エノキ等のキノコが入ります。辛味噌に合うのでしょうが、なんせ辛さが強過ぎる。ササガキのゴボウと油揚げ・豚肉が入っております。これもまた辛味噌と相性良しのはずです。

★×3っつ半です。

辛い!とにかく辛い!2年ぶりの北極はきつかったです。しかし、この狂ったような辛さの中に旨さが垣間見えます。期間を置かずにもう一回食べたら、この旨さをもっと感じられると期待をしてしまう『俺』がいます。

定休日:なし
営業時間:月~木)10:30~23:00 金土)10:30~24:00 日)10:30~22:00
住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町2-9-10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽山坦々麺 稔台店②【みのり台】

Tantan

761杯目、今夜の俺の飯は『楽山担々面 特製担々麺(大盛)+中ライス[950円+100円+200円]』

2度目の訪問です。(前回はこちら

突然の休日出勤となり、昼食をとれなかったが、早く仕事が終わったので帰りに訪問しました。

麺:中細直
汁:中辛担々汁
具:チャーシュー・白髪ネギ・味玉・ナッツ・青梗菜・肉味噌
卓:ラー油・辛味噌

Men_2

麺は中細麺です。本格的な坦々麺というと細麺のイメージがあるが、これはこれで美味い。

Shiru

汁はピリ辛程度の辛さで若干の酸味がある担々汁です。ナッツ系の風味が強く、店内に展示してある様々な中華スパイスが入っているようで本格的な坦々汁です。酸味と中華スパイスのクセが嫌でなければ非常にお勧めです。

Chashu

Gu

具のチャーシューは丼を横断するほどの大きさ、見た目のインパクトはあるが、脂部が多くややしつこい。味玉は流れない程度の半熟、美味い。肉味噌・ナッツ・青梗菜が坦々麺を本格派にレベルアップさせている。もちろんライスとの相性も抜群

★×4っつです。

ランチタイムを逃したため、ライス食べ放題ではありませんでしたが、何故か前回よりボリューム感を感じました。前回はライスを2.5杯食べたが、今回は1杯で満腹でした。

定休日:月
営業時間:11:30~翌2:30
住所:千葉県松戸市稔台8-41

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華 宮下【勝浦】

Photo

748杯目、今日の俺の飯は『中華 宮下 ラージャンメン(大盛)[700円+100円]』

初訪問です。
勝浦タンタン麺の名は以前より聞いており、カップラーメンのものは食べた事がありました。
今年からB-1グランプリに勝浦タンタン麺が出場ということや、千葉新聞に特集されていたのでこの店に行ってきました。

麺:中細直
汁:勝浦タンタン汁
具:ひき肉・タマネギ・浅葱・白髪ネギ・ニラ
卓:醤油・酢・ラー油・胡椒

Up1
麺は中細のストレート麺です。一般的な中細麺ですが、後半もダレる事のない麺でした。
Shiru
汁は動物系で出汁をとった醤油ラーメンにたっぷりのラー油を浮かしたって感じです。
これが勝浦タンタン麺独特の汁のようです。ラー油が浮いているというよりも一面を覆っている感じです。圧倒的なラー油のビジュアルのインパクトにびっくりするが、味はさほど辛くありません。むしろ甘辛って感じです。
Up2
具はひき肉と2〜3cm四方に切られたタマネギのみじん切りをしっかりと炒めたものが入ります。タマネギがものすごく甘いです。この甘さが汁の甘辛さを出しているのだろうか?白髪ネギとたっぷりのニラがうれしい。

★×3っつ半です。

辛いラーメンを想定してましたので、拍子抜けしましたが、美味しいラーメンでした。入店するや否や独特の雰囲気の店主が「タンタン麺しかないけどいい!?」と第一声でした。
まぁそれを食べにきたので全然かまわないが、壁のメニューにはチャーシューメン等の他メニューが多々張ってあります。タンメンに関しては「タンタン麺じゃありません」と注意書きまで(笑)
調理中は厨房から出てきませんが、調理が終わると水差しをもってコップの水を注ぎに来てくれた。

定休日:なし
営業時間:11:00〜19:00
場所:千葉県勝浦市墨名706-4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽山坦々麺 稔台店【みのり台】

Roshan
745杯目、今日の俺の飯は『楽山坦々面 特製坦々麺+ライス[1,050円+100円]

初掲載です。
松戸方面で仕事があったので、会社の上司にあたる「タカハ氏」と行って来ました。
携帯のカメラは相変わらず破損状態で、写真提供は「タカハ氏」です。

麺:中細直
汁:中辛坦々汁
具:チャーシュー・白髪ネギ・味玉・ナッツ・青梗菜・肉味噌
卓:ラー油、他失念

Up

麺は表面がツルりとした中細麺です。本格的な坦々麺というと細麺のイメージがあったので驚いたが、これはこれで美味い。汁自体も坦々麺というと芝麻醤などでやや粘度がある汁を想像していたが、こちらの汁は粘度はそれほどでもなく、この麺にあってるのかもしれない。
汁は前述にもあるが、粘度の低い坦々汁です。辛さもピリ辛程度で若干の酸味がある。酸味は好みが分かれるかもしれないが、様々な中華スパイスが入っているようで非常に本格的な坦々汁です。酸味と中華スパイスのクセが嫌でなければ非常にお勧めです。
具のチャーシューは丼を横断するほどの大きさ、暑さも4mm程度でボリュームがあるが、脂部が多くややしつこい。味玉は流れない程度の半熟、美味い。ナッツや青梗菜も坦々麺を本格派にレベルアップされるとても良い脇役を演じている。

★×4っつです

昨今の天気事情により、クソ暑い日の訪問となったが、適度な辛味と酸味が非常に食べ易くしてくれている。難点を言えば、麺がツルツルとしているのと、肉味噌の挽肉が大粒な為、麺と挽肉が絡み難い。ランチタイムは100円でライス食べ放題ともあり、麺や具でライスを一杯、残った坦々汁に浸して1.5杯食べてしまった。
残った坦々汁に挽肉やナッツが残り、ライスが進みます。ホント麺とライスどっちがメインかわからなくなるほどに美味かった。汁完飲です。

定休日;月
営業時間:11:30~翌2:30
住所:千葉県松戸市稔台8-41

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺創研かなで 紅②【府中】

Kurenai

743杯目、今夜の俺の飯は『紅 紅ラーメン』

2回目の訪問です。(前回はこちら

麺:7種乱切り麺
汁:濃厚ラー油辛味噌
具:豚バラ・野菜(もやし・キャベツ)・糸唐辛子・具入りラー油・辛味噌
卓:唐辛子調味料

 

Up2

麺は前回同様に7種の乱切り麺です。最も細い麺と最も太い麺との差が激しい為、最も細い麺はデロデロと柔らかい。

Up1

汁は唐辛子たっぷりの味噌ベースです。見た目よりも辛くなく難なく食べれる程度の辛さです。ご飯との相性もよく美味い。
具の豚バラと野菜は辛味噌ベースにピッタリです。

★×3っつ半です。

やはり乱切り麺が凶と出ている気がする。
デロデロとした中細麺が減点ポイントとなってしまった。それ以外は好きな味です

定休日:なし
営業時間:11:30~22:00
住所:東京都府中市宮町1-3-10

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧