« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

ラーメン二郎 府中店⑱〔26日限定カレー〕【府中】

府中二郎

688杯目、今夜の俺の飯は『府中二郎 大豚+チーズ(ヤサイニンニクカレー)〔850円+100円〕』

18度目の掲載です(前回はこちら
最近、少し余裕ができたこともあり、久々に府中二郎に行ってきました。

麺:極太平打ち
汁:二郎カネシ醤油豚骨
具:豚・ヤサイ(もやし・キャベツ)・刻みニンニク・カレーフレーク・チーズ
卓:胡椒・唐辛子

麺は相変わらずの極太麺です。メンカタでオーダーしたのが失敗だったかな、芯が残りすぎて極太麺でバリカタって感じです。これは顎が疲れる。。。
汁は乳化のない二郎醤油豚骨です。26日限定のカレーがほんのりと香ります。カレーは、カレーフレークを細かくしたようなもので、以前卓上にあったカレー粉とは異なり、味・香り共に強いものです。普通にカレーが作れるような感じです。よって汁に溶かし込むことはせずに麺や具に絡めて食うようにしました。
具の豚はまた相変わらず美味い。豚にちょこちょことカレー粉をつけて食っても美味い。ヤサイは硬すぎず柔らかすぎず、丁度良い茹で加減でした。ヤサイにカレー粉を混ぜ込んだりして食べてもまた美味い。チーズは大成功、カレーとの愛称は抜群でした。

このようにカレーを極力溶かさずに食うことで、二郎カネシ醤油豚骨の風味を殺すことなく汁を楽しむこともできました。

★×3っつです。

カレー自体は非常に良かったのですが、今日はメンカタの失敗と汁が異常にぬるかったのが★を1つ減らしました。カレーと二郎の愛称は良かったのに残念

定休日:日曜
営業時間:11:30~14:00/17:30~22:00
住所:東京都府中市西宮町1-15-5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魚魚☆R【立川】

魚魚

687杯目、今日の俺の飯は『魚魚☆R すーぷ麺(中盛)+チャーシュー〔780円+200円〕』

初掲載です。
夜は居酒屋で魚の仕入れに自信があるようで、無化調を前面にした店があると聞いたので行って来ました。

麺:乱切り中太平打ち麺
汁:鶏鯛醤油
具:チャーシュー・鶏チャーシュー・穂先メンマ・ネギ
卓:胡椒

Up

麺は浅黒い中太平打ち麺です。麺の幅が一定ではありません。
食感が変わっているような気がします。モチモチしている訳でもなく、ボキボキしている訳でもなく、ただ柔らかさが目立った麺でした。中盛(無料)でしたが、結構な量があります。
汁は澄んだ醤油です。店内に記載の文言には今年は鯛をメインとします的なことが書いてあったので、たぶん鯛ベースなんだろう。無化調を謳うだけあって、非常に飲みやすい汁です。インパクトはないがとても美味い。
具のチャーシューは切断面に焼き目を入れたバラ肉。厚さが8mmくらいかな、焼き目が香ばしく適度な硬さ、脂の具合も良く非常にうまい。鶏チャーシューは内部がピンクですが、生ではなくちゃんと火が通っております。鶏とかだとパサパサしそうですが、これは凄いです。穂先メンマは味付けなしです。素材を楽しめとでも言うのだろうか、うーん素材を生かす味付けはできなかったのだろうか、ちょいと残念。あとネギがちょろっと

★×3っつです。

780円という鏡花に負けない価格設定と店内のこれでもかって薀蓄もあり、期待が大きすぎました。天然素材からの汁、2種のチャーシューと非常にうまかったのですが、麺が全く「俺」には合いませんでした。平打ちの乱切り麺なんて、とっても「俺」好みのはずですが、異様な食感が駄目でした。もったいないなぁ・・・。麺は外注だとすると店主の作るものはストライクだったはずなのに・・・。汁とチャーシューなら★×5つです!

定休日:日・祝
営業時間:火~土:11:45~15:00(※夜の居酒屋は月~土18:00~22:00)
住所:東京都立川市曙町3-22-15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こうや【四ツ谷】

こうや

686杯目、今夜の俺の飯は『こうや 雲呑麺(900円)

初訪問です。
雲呑麺が有名と聞いて行ってきました。

麺:中細縮
汁:鶏豚白湯
具:チャーシュー・ワンタン・メンマ・ネギ・海苔
卓:醤油・胡椒

Up_3

麺は中細の縮れ麺です。ぷるんとした食感が良い感じです。
汁は熱々の鶏豚白湯です。薄味ですが鶏豚の強いコクがなんとも言えず美味いです。縮れ麺への絡みが良いせいもあるが、麺を食べながら汁も飲まずにいられないほどに美味いので、汁の減りが早い気がします。

Up2_2

具のワンタンは肉餡たっぷりの大き目のワンタンが5つ入ります。生姜の風味が良く、餡は硬すぎず柔らかすぎず絶品ワンタンです。チャーシューは薄めの煮豚が2枚入ります。しっかりと味付けされており、柔らかく美味い。中華料理屋だけにチャーシューダレに八角を使用している模様。途中に食べることで舌を一度リフレッシュできる海苔の存在もうれしい。

★×5つです。

今までのワンタンメンの中でトップとなりうるものでした。ワンタンもさることながら、鶏豚白湯が圧巻でした。最近では客の回転をよくするためヌルメの汁にしたり、丼をいびつな器にして丼内を狭くして汁を少なくするラーメン屋が多いが、熱々の鶏豚白湯を丼いっぱいにたっぷりと提供してくれるのもなんともうれしいです。

定休日:日曜・祝日
営業時間:11:30~22:30
住所:東京都新宿区三栄町8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

せたが屋【品川】

せたが屋

685杯目、今夜の俺の飯は『せたが屋 ラーメン(大盛)〔700円+100円〕』

2度目の掲載です。(前回はこちら
仕事の途中で「にやま氏」「セキグ氏」「捨て犬」と訪問です。
前回は二郎インスパイアを食べたので、今回は普通にラーメンをオーダーしました。

麺:中細縮れ
汁:魚介醤油
具:チャーシュー・メンマ・海苔・ネギ・ゆず
卓:酢・醤油・ラー油・胡椒・唐辛子・ガツン汁・カレー粉

Up_2

麺は強い縮れのある中細麺です。汁の絡みも良く、適度なコシもあり美味い。
汁は魚介ダシが強く出た醤油です。つけ麺で魚粉をたっぷりと入れて、魚介全開な汁が流行ったことから、それほどのインパクトは感じずません。
卓上のガツン汁を入れることで魚介味を強くすることはできますが、それでもインパクトってほどのものはありませんでした。
しかし、魚粉のインパクトは無いものの、しっかりとダシをとった醤油としてとてもおいしかったです。
具のチャーシューは薄いものの、柔らかく美味い煮豚が入る。メンマはやや大きめでジャクジャクとした食感です。

★×4っつです

前述にもあるが、インパクトってものはなくシンプルなラーメンと感じましたが、魚粉に頼らぬハイレベルな美味いラーメンでした。

定休日;なし
営業時間:11:00~23:00 (日曜)11:00~22:00
住所:東京都港区高輪3-26-20 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりそば大喜庵【高円寺】

特とりそば

684杯目 今夜の俺の飯は『大喜庵 得とりそば〔980円〕』

初訪問です。
高円寺にできたらーめん横丁に行ってきました。
大喜庵、つけめんTETSU、蒙古タンメン中本、くにがみ屋の4店になります。

麺:細直
汁:クリア鶏がら塩
具:鶏チャーシュー・細メンマ・味玉・ワンタン・白髪ねぎ・カイワレ・春菊・鶏ソボロ
卓:胡椒・唐辛子

Up

麺はやや柔らかめの細麺です。
汁はシンプルな鶏がらスープです。あっさりしすぎかな・・・
「あっさりしていてコクがある」といった月並みな表現があるが、そのコクがやや足りない。
そしてヌルめでした。

Up2

具の鶏チャーシューは表面が炙ってあり香ばしく美味い。ワンタンの餡は鶏挽肉、やさしいワンタンです。こういうワンタンも良いですね。両者ともあっさりとした鶏塩汁にマッチしています。鶏挽肉はとりそばを演出するには良いがそれ以外の存在価値はわからず。春菊のみじん切りが入るが、みじん切りだと春菊の香りが出すぎる気がする。

★×3っつです。

鶏チャーシューと鶏ワンタンが美味いです。それ以外は特に美味いとは感じなかったです。とりそばを冠するには弱い汁でした。

定休日:なし
営業時間:11:00~23:00
住所:東京都杉並区高円寺3-70-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そばはうす 不如帰【幡ヶ谷】

不如帰

683杯目 今夜の俺の飯は『不如帰 煮豚そば醤油(大盛)〔950円+150円〕』

初掲載です。
現在の職場に転勤後、前々より気になっていた店でしたが、「てらま氏」の誘いをきっかけにようやく訪問することができました。

麺:中細全粒麺
汁:ハマグリ醤油
具:煮豚・海苔・細メンマ・白髪ネギ
卓:唐辛子・胡椒

Up

麺は若干の縮れがある中細麺です。やや柔らかめでつるつるモチモチとした麺で、中に黒っぽい粒粒があるのが確認できます。おそらくは全粒粉を使用した麺で、小麦の表皮なのだろうと思います。大盛にすると結構量があり、そもそもが柔らかいので最後はもっと柔らかくなってしまいます。
汁は聞くに動物・魚・ハマグリのトリプルスープとのこと、一口目は薄く感じますが麺を丼内で混ぜると一気にハマグリが主張してきます。これは凄い!
具の煮豚は5mm程度の厚さです。普通にうまいですが1枚あれば十分です。メンマは細メンマ、この汁には主張の弱い細メンマの方が良いのかも

★×4っつです。

麺の柔らかさがやや★を下げたかな・・・。しかしこのハマグリ汁は初めての経験でもあり、そのうまさに衝撃をうけました。職人のように真剣に調理に取り組む店主の姿も好感がもてます・・・。
といいたいところですが、「俺」がラーメンを食っていると店主の友人と思われる夫婦?が入店してきて、他客の麺を調理中の店主に、あーでもないこーでもないと話しかけ続けております。まぁ店主がそれでいいならいいんですが・・・。見てて気持ち良い物ではありませんでした。

定休日:木・金
営業時間:11:30~15:00/18:00~21:30 (日曜)11:30~15:00
住所:東京都渋谷区幡ヶ谷2-47-12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中村屋【海老名】

中村屋

682杯目 今夜の俺の飯は『中村屋 塩ラーメン〔780円〕』

初掲載です。
ちょっと前に行き掲載をやめようと思ったのですが、関内二郎・吉村家と神奈川県行列店を2連続で掲載しましたので、超有名店である中村屋についてもせっかくなので書こうと思います。
7・8年前にまだ高座渋谷にある頃に行ったことがあり、当時はこの店が全国最強と謳われており、長蛇の列だったことを記憶しております。

麺:細縮
汁:鶏がら塩
具:炭火焼チャーシュー・細メンマ・味玉半分・ほうれん草・ネギ
卓:失念

正直言って海老名という土地柄でこの金額に驚きました。
それなりに高級感のあるラーメンでしたが、それほど熱くない汁に、手間がかかっていそうだが絶品とまでは言えないチャーシュー、薄味の細メンマが乗ります。味玉は美味かったです。
麺はやや柔らかめな細麺でした。

★×2つです。

私の駄舌には780円はあまりにも高価でしたね、炭火で温められたチャーシューも「俺」好みではない燻された風味がついてしまっておりました。

定休日:水曜
営業時間:(平日)11:00~14:30/18:00~21:00(土日祝)11:00~15:00/17:30~21:00
住所:奈川県海老名市中央2-5-41

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン二郎 横浜関内店【関内】

関内二郎

681杯目 今夜の俺の飯は『関内二郎 大ラーメン豚入り(ニンニクヤサイ)〔800円〕』

初掲載です。
一昨年の年末に一度訪問しましたが、待ち合わせがあったので諦めました。
本日は30人近い行列でしたが時間もあったので頑張って並びました。

麺:中太平打ち
汁:乳化二郎カネシ醤油豚骨
具:豚・ヤサイ(もやし・キャベツ)・刻み葫
卓:唐辛子・胡椒

Up1

麺は二郎にしては細目で柔らかめの平打ち麺です。カタメのオーダーが可能かは不明ですが、カタメコールをしたかったかな?と思いました。
しかしながら、この柔らか目がこれまた柔らかめのヤサイと乳化した汁と良く合います。
これはカタメにしないほうが美味そうです。大にしましたが量はそれほどでも無かったです。
汁は前述にあるように、乳化した二郎カネシ醤油豚骨です。乳化具合がほど良いです。
脂のコクと甘みとカネシが非常にバランス良く交じり合っております。二郎なんてザックリと調理されている感じなのに、このバランスはすばらしいです。

Up2

具のヤサイはモヤシ7キャベツ3位の割合かな?しっかりと茹でられておりシャキシャキ感はほとんどありません。「俺」的にはシャキシャキよりもクタクタの方が顎が疲れないので好きです。また麺と混ぜやすいのも良いです。豚はロールして煮込んだ豚が入ります。しっかりと味付けされており、柔らかく美味い。

★×4っつ半です。

美味かったです。
丼内を混ぜることで、柔麺と乳化汁と柔ヤサイと刻み葫が混ざり合い、全部を絡んだ状態で食べることができます。この混ざり合ったモノがすばらしい二郎となっております。
汁なしも美味いと聞くので、ぜひ近いうちにチャレンジしたいと思います。

しかし、行列のマナーは酷いです。行列でタバコは吸わない、店員が1列で並んでくれとアナウンスしたら1列で並びましょう。

定休日:水
営業時間:11:00~14:30/18:00~22:00
住所:神奈川県横浜市中区長者町6-94

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家系総本山 吉村家【横浜】

吉村家

680杯目 今夜の俺の飯は『吉村家 中盛チャーシューメン+海苔+辛ネギ+ライス(910円+50円+90円+110円)〔1,160円〕

初掲載です。
家系の総本山と謳われる「吉村家」に行ってきました。神奈川出身の『俺』としては若き日に系列店を含み何度か行っておりましたので、とても楽しみでした。

麺:中太平打ち
汁:家系豚骨醤油
具:チャーシュー・ほうれん草・海苔・ネギ・辛味噌ネギ
卓:行者にんにく・細切りしょうが・すりゴマ・胡椒・豆板醤・酢・醤油・葫チップ

Up_2

作り方は全部普通でオーダー
麺は家系にしては細目の中太平打ち麺です。元祖に向かって「家系にしては細め・・・」と言うのもなんですが・・・。家系特有の短い麺は塗り箸では非常に食べづらかったです。

Up_3

汁は家系醤油豚骨ですが、これは他の家系には無いコクと滋味深さがあります。醤油に特徴があるのか?焦がした何かを入れてるのか?当方の駄舌ではまったく解りませんが明らかに他の家系とは違うコクと濃厚さです。前からこんな味だったっけ???変わったのかな?と思いましたが、いかんせん10年以上も前の記憶ですのでなんとも解りません。
具のチャーシューは煮豚ではなくしっかりと焼いたチャーシューです。燻したような風味がありとても美味いが飽きる。これは普通ラーメンでよかったかな。家系定番のほうれん草・海苔が入ります。辛味噌ネギは別皿での提供ですが90円で大量に出てきます。海苔増しも+50円と非常にリーズナブル
卓上にもおろし葫・生姜・豆板醤・ゴマと家系の定番以外ににんにくチップ・酢等があるのもうれしいです。

★×4っつです。

多摩の家系に慣れてしまっておりましたが、元祖家系もとても美味かったです。
麺は多摩系の方が好きかな?

定休日:月(祝日は翌日が休み)
営業時間:11:00~24:00
住所:神奈川県横浜市西区南幸2-12-6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋武蔵 虎洞⑩【吉祥寺】

虎麺

679杯目 今夜の俺の飯は『虎洞 虎麺(中盛)〔1,000円〕』

10度目の掲載です。(前回はこちら
メニューが二郎インスパイア系に一新されたようです。

麺:太縮
汁:二郎インスパ醤油豚骨
具:茹で野菜(もやし・キャベツ)・チャーシュー・味玉半分・鰹節・浅葱
卓:虎七味・刻み葫・胡椒

Up

麺は黄色がかった太麺です。しっかりと縮れており、なかなかの弾力があり美味いです。どこかで食べたような麺ですが、思い出せない。。。
でもこれが並盛・中盛・大盛が同じ値段はうれしいです。まぁ1,000円のメニューですからそれくらいは欲しいところか・・・。
汁は乳化タイプではない、表面に透明な脂の層ができたキリっとした二郎風醤油です。
武蔵系列で二郎風を作るとこんな風になるのか・・・。
二郎とはまた別ですが「俺」的には結構好きです。
卓上に刻み葫があるので、自分勝手にマシマシにするとまたまた二郎に近づきます。
具の茹で野菜は9割モヤシの1割キャベツってところでしょうか、モヤシはシャキっとしてます。豚は大判で1cm程度の厚さのものが4~5枚入ります。色の薄い味玉が半分入り、その上から削り節と浅葱が乗ります。

★×4っつです

麺・汁・具とひとつひとつのレベルが高く、ボリュームも十分です。
「二郎」を期待すると物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、あくまでインスパイアと考えれば満足できるものではないでしょうか?

定休日:なし
営業時間:11:30~16:00/17:00~21:30
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »