« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

麺屋 はやしまる⑥〔夏季限定梅塩つけめん〕【高円寺】

梅塩つけ

527杯目、今夜の俺の飯は『はやしまる 梅塩つけめん(大盛)+半ご飯〔800円+50円〕』

6度目の掲載です。(前回はこちら
数日前に「マルバ氏」と「元ヤン?」が訪問し、紫蘇ワンタンが美味いって情報が入り訪問しました。

麺:中太直
汁:梅塩つけ汁
具:紫蘇ワンタン・きゅうり・海苔・ネギ・味玉半分・梅肉
卓:醤油・胡椒・酢・一味唐辛子・ゆず一味

Shisowantan

梅肉のたっぷり入った和風塩つけ汁が食欲をそそります。梅の酸味が良いです。
具に生キュウリがごろごろと入ります。これはちょっと青臭いかな?量が多すぎる。紫蘇ワンタンは鶏肉ミンチと紫蘇の餡です。ソフトな鶏肉と紫蘇の風味がまた夏向けって感じです。+100円でさらに3個プラスできるのも魅力です。(今日はワンタン切れで追加は不可でした)しかし焼豚が入っていないのが残念です。
最後にスープ割りをしてその中に半ご飯を入れると梅茶漬のような感じになります。

★×4っつです。

ゴロゴロと入る生キュウリが多すぎましたね、でも紫蘇ワンタンも梅塩つけ汁も夏向けにさわやかに美味い。

定休日:水曜日
営業時間:平日11:30~14:30/17:00~23:30土曜11:30~23:30日祝11:30~20:30
住所:東京都杉並区高円寺北2-22-11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〇麺堂⑬〔夏季限定 TSUNAMI〕【東伏見】

07TSUNAMI

526杯目、今夜の俺の飯は『○麺堂 季節限定 TSUNAMI〔800円〕』

13度目の訪問です。(前回はこちら)
今年も○麺堂にTSUNAMIの季節がやってきましたってことで訪問

麺:デュラム粉中細直
汁:鮪豚骨冷やしタレ
具:炙りチャーシューのホースラディッシュのせ・ズッキーニのラタトゥイュ・刻みトマトのブルスケッタ・ベビーリーフのサラダ・ローストチキン・牛ダシのシャーベット
卓:オリーブオイル・バルサミコ酢・辛子味噌・葫チップ・胡椒

Tsunami1
炙りチャーシューにホースラディッシュ

Tsunami2

ラタトイュとベビーリーフサラダ

Tsunami3

ブルスケッタと刻みトマト

Tsunami4

牛ダシのシャーベットとローストチキン

「俺」の舌ではもう表現不可能です。

なんかフルコースの料理を無理やり1杯の丼にしてみたって感じ、それをやってしまうのも凄いが、それで美味いのも凄い!

★×5っつです。

TSUNAMIは「殿堂入りです」

定休日:日曜・第二第四水曜
営業時間:11:30~15:00/19:00~24:00(スープ切れ終了)
住所:東京都練馬区関町南4-25-18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支那そば あおば⑫【武蔵境】

塩ネギ

525杯目、今夜の俺の飯は『あおば ネギ塩ラーメン〔900円〕』

12度目の掲載です。(前回はこちら

麺:中細直
汁:名古屋コーチン塩
具:チャーシュー・揚げネギ・九条ネギ・メンマ
卓:胡椒

ん?
またネギ塩なのにチャーシューが2枚になってる。

★×5っつです。

定休日:月曜
営業時間:11:00~15:00
住所:東京都武蔵野市関前4-16-6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン二郎 府中⑨〔26日限定茎ワカメ〕【府中】

茎ワカメ

524杯目、今夜の俺の飯は『二郎 小ラーメン豚入り(ニンニク・茎ワカメ)750円』

9度目の訪問です。(前回はこちら
26の日特別トッピングは「茎ワカメキムチ」ってことで行って来ました。

麺:太麺やや平打ち
汁:二郎豚骨醤油
具:豚・ヤサイ(もやし・キャベツ)・刻み葫・茎ワカメのキムチ
卓:胡椒・唐辛子・カレー粉

Wakame

茎ワカメのボリボリとした食感はなかなか良かったです。
しかし茎ワカメキムチの味が強く、全体の味がしょっぱくなってました。
そんなに二郎味と合わなかったかな・・・。
それに今日は豚もイマイチでした。

★×2っつ半です。

定休日:日曜
営業時間:11:30~14:00/17:30~22:00
住所:東京都府中市西宮町1-15-5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多賀野⑩【荏原中延】

豚鴨

523杯目、今夜の俺の飯は『多賀野 豚鴨つけそば(大盛)+トッピングA〔700円+100円+300円〕』

10度目の掲載です。(前回はこちら

麺:中太縮
汁:豚鴨つけ汁
具:チャーシュー・海苔・メンマ・ネギ・味玉・鷹の爪・なると
卓:胡椒・唐辛子・酢・ラー油・おろし葫

今日は魚系のダシが強めで激烈美味かったです。
麺も具はもちろんのこと調理・接客もトップレベルです。一切の手抜きなし!

Soup

そしてスープ割りも最高でした。
このスープだけを飲んでも鰹やらなんやらの旨みが素晴らしい。

多賀野の欠点が見つかりました。
麺・汁・具のレベルが高すぎて、これと言ったインパクトが霞むかもしれませんね。

★×5っつです。

しかし消費者としてそれを欠点とは言えないよね・・・。
「殿堂入り」です。

定休日:火曜、第2水曜
営業時間:11:30~14:30/17:30~20:00 日・祝11:30~14:00
住所:東京都品川区中延2-15-10
HP:http://www.geocities.jp/taganoya/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きら星⑰〔限定 冷やし真鯵そば〕【武蔵境】

真鯵そば

522杯目、今夜の俺の飯は『きら星 旬の冷やし真鯵そば(ぷちご飯付き)[850円]』

17回目の掲載です。(前回はこちら
なんとタイムリーに500杯記念の限定麺グランプリに「旬の真鯵そば」を選んだら、その日のきら星メルマガに今年も真鯵そばを提供するとのことではないですか!
おー凄い!早速行ってきました。

麺:中太やや捩れ
タレ:甘辛鯵醤油ダレ・ゆず&かぼすジュレ
具:鯵のなめろう・鯵骨のフライ・大葉・浅葱・糸唐辛子・刻み海苔・茎ワカメ
卓:唐辛子・胡椒

Men_3

麺は少し捩れのある中太麺です。麺はラーメンとか使用されるものと同じかな?しかし冷やすとだいぶイメージが変わりますね、締められたことによってキリッとした硬さとモチモチ感が楽しめます。
濃い目の甘辛醤油ダレが麺と鯵にしっかりと絡み、柑橘系のジュレが一層清涼感をアップさせます。

Aji

具の鯵のなめろうは作りたての美味しさです。調理方法うんぬんの前にコレだけ新鮮な鯵をつかったらそりゃ美味いだろうよって感じです。鯵骨フライはビジュアル的には鯵らしさを演出してくれますが、バリバリと口の中で刺さって痛いです。パセリのように飾り的感覚かな?他の茎ワカメや糸唐辛子は薬味としてしっかりと鯵のサポートをしてくれ、見た目も綺麗です。
それを特製ダレと柑橘ジュレで冷やし和え麺として食わせようなんて・・・。

その発想が凄いよなー、生魚を使った麺なんて考え付かないですよ。
マグロのたたきとかで作ってもうまいかな?

Puchi

プチご飯です。最後にプチご飯とワサビを器に投入し、残ったタレとなめろうで和えて食べます。
美味いです。もっとご飯の量があってもいけますね。

★×5っつです。

昼5杯・夜5杯の計10杯ってことですが、この清涼感あふれる冷やし麺は、昼の炎天下の中並んで食べても美味いですが、許されるのであれば夜の部でビールを飲みながらゆっくりと食べたいですな。行列の冷たい視線に耐え切れればの話ですが・・・。

並んでて食べれなかった人が怒って帰っちゃってました。
「えー!!マジぃー!?限定終わりかよー!!なんだよー!」

以前、きら星の限定「猪朗」食べれなかったときは心ではそう思いましたが・・・、さすがに声に出して怒るのはどうかと・・・。

定休日:木曜・14日
営業時間:11:30~14:00/17:30~21:00
住所:東京都武蔵野市境南町3-11-13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支那そば あおば⑪【武蔵境】

ネギ塩

521杯目、今夜の俺の飯は『あおば ネギ塩ラーメン(大盛)[900円+100円]』

11度目の掲載です。(前回はこちら
今日はメチャクチャ暑くてつけ麺気分だったのですが、どーしても「ネギ塩」気分になってしまい。あおばへ

麺:中細直
汁:名古屋コーチン塩
具:チャーシュー・揚げネギ・九条ネギ・メンマ
卓:胡椒

Men_4

同じ900円でネギにするかチャーシューにするかは、あおばに行く限り永遠の問いになってしまう・・・。
今日のネギラーメンはチャーシューが一枚だった 。
8度目の訪問時では2枚入ってるのに・・・。
大きさの問題なのかな?

とりあえず

★×5

殿堂入りです。

九条ネギをレンゲですくってたら汁完飲でした。
肝臓の為にもネギラーメンは避けようかな

定休日:月曜
営業時間:11:00~15:00
住所:東京都武蔵野市関前4-16-6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒潮屋⑥【花小金井】

特製黒つけ

520杯目、今夜の俺の飯は『黒潮屋 特製黒つけめん塩味(大盛)〔1,000円+150円〕』

6度目の掲載です。(前回はこちら
前回、同行者が食った黒つけめん塩味が忘れられず訪問。

麺:浅黒色太麺縮
汁:岩海苔入り魚介塩汁
具:チャーシュー・豚角煮・かいわれ・メンマ・茹で野菜(もやし・キャベツ)
卓:胡椒・ゆずジャン・ゆず生姜

Menup_1

麺はやや浅黒い太麺です。前回の方が美味かった気がするのは気のせいかな?浅黒さも弱い気がする。
汁は醤油のつけ汁と比べると、鶏や豚の濃厚な脂の味や魚介の風味が冴えます。しかし麺をつけて食べていくと、汁の味が薄まるのがやや気になりますね、その辺は醤油の方が薄まりには強いかな?

Kakuni_1

具の角煮は今まで食った角煮の中でナンバーワンです。適度な崩れない程度の柔らかさで八角の風味が最高。チャーシューも美味いんだがこの角煮にはかなわないなぁ・・・。
茹で野菜も適度の硬さがあってパキパキと美味いんだが、塩のつけ汁にはイマイチ会わない気がする。メンマは味が薄くイマイチです。
最後のスープ割りは一気に魚介風味を爆発させてくれます。小さな器に入って提供してくれますので、残ったつけ汁の量を調整して入れましょう。

★×4っつ半です。

そして殿堂入りです。

塩には塩の良さがあり、醤油には醤油の良さがありますな!
非常にレベルの高いつけ麺です。交通に難がありますが田無には宝あり、東久留米には黒潮屋ありですな!500杯記念【太麺】準グランプリにふさわしい一杯です。

定休日:第1・第2月曜、第3・第4日曜
営業時間:11:30~15:00/17:00~23:00
住所:東京都東久留米市下里3-17-12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

500杯突破記念【特別企画】

500杯突破記念、「俺」的ラーメンランキング!

今まで食べたものを振り返り、ジャンル別でランキングです。

ジャンルは【太麺】【ワンタン】【ご飯もの】【限定麺】【有名人似】の5部門で行ってみたいと思います。

※あくまで「俺」の記憶の中でのものですので、美化されたり記憶違いなものがあります。
ご容赦下さい。

【太麺】
最近はつけ麺や和えそばの影響か、美味しい麺が増えてきましたね
「俺」が太麺好きなので、太麺のみをピックアップします。

麺処 井の庄【石神井公園】
池谷精肉店【秋川】
江ぐち【三鷹】
喜奴屋【西武立川】
黒潮屋【花小金井】
つけ麺 紅葉【国分寺】
翔丸【西荻窪】
すずらん【渋谷】
宝【田無】
麺屋 はやしまる【高円寺】
らーめん文蔵【三鷹】
丸長【荻窪】

以上12店がエントリーです。二郎系列の店はあえて外しました。


準グランプリは・・・

黒潮屋【東久留米】さん

グランプリは・・・

らーめん文蔵【三鷹】さんです。

黒潮屋【東久留米】さんは黒つけ麺しか食べたことないのですが、黒つけ麺用の麺が美味いです。
グランプリのらーめん文蔵【三鷹】さんは開店当初はそれほど麺が美味いと思いませんでしたが、店主さんが研究を重ねこの素晴らしい自家製麺が誕生したのだと思います。
いつも美味しい麺をありがとうございます!

【ワンタン】
「俺」がもっとも愛するトッピングです。
「俺」の記憶の中で美味かったワンタンをピックアップします。

支那ラーメン いしはら【西荻窪】
いつみ屋【府中本町】
支那ラーメン 桂山【上野原】
たんたん亭【浜田山】
麺屋 はやしまる【高円寺】
ふうや【府中】
本丸亭【川崎】
白河中華そば 孫市【西国分寺】
八雲【池尻大橋】

以上9店がエントリーです。
たんたん亭系列店が5店もエントリーです。

準グランプリは・・・

支那ラーメン 桂山【上野原】さん

グランプリは

麺屋 はやしまる【高円寺】さんです。

これも悩みましたね、
ラーメンにいれた状態を考えるとはやしまる【高円寺】さんがグランプリです。ぎっしりとした肉の食感と、かじると流れ出す肉汁が素晴らしいです。
準グランプリ桂山【上野原】さんは、ワンタンメンのワンタンも美味いですが、皿ワンタン(茹でワンタン)も逸品です、ぜひ食べてみてください。

【ご飯もの】
ついつい頼んでしまうご飯もの、大盛+ご飯ものでメタボリックに一直線です。

喜奴屋【西武立川】の肉飯
きら星【武蔵境】の炙りチャーシューご飯
大学ラーメン【東大和市】のぶたしゃぶごはん
多賀野【荏原中延】の多賀野丼
宝【田無】のチャーシューご飯
麺酒場なすび【花小金井】の豚飯
狼煙屋【東大和市】の日替り炊込みご飯
パワー軒【泉体育館】のパワー丼
○麺堂【東伏見】の○麺ご飯
蒙古タンメン中本【吉祥寺】の吉祥丼
たんめんや楽【東大和市】のチャーハン
らの字【東大和市】のニラもやし丼

12店がエントリーです。いやーどれも美味かったですよ。
思い出しただけで腹が減ってきます。

準グランプリは・・・

らの字【東大和市】さんのニラもやし丼

グランプリは・・・

たんめんや楽【東大和市】さんのチャーハンです。

なんと東大和市の無名店がワンツーフィニッシュです。
らの字さんのニラもやし丼は辛口ラーメンとセットで寒い冬に食べるとバツグンに美味いです。
楽さんのチャーハンはミニ丼って位置づけじゃねーだろ!?って感じですが、ホクホクとしたチャーハンがマジで美味いです。ぜひ食べてみてください。

【限定麺】
聞くだけでうれしくなってしまう「限定ラーメン」です。もう食べられないものをピックアップします。よって季節限定や曜日限定は除外です。

鏡花【立川】
2005年11月の夢「二郎インスパイア チャカ風」
2006年3月の夢「トマトカレーつけ麺」
きら星【武蔵境】
2006夏メルマガ限定「旬の真鯵そば」
麺屋武蔵虎洞窟【吉祥寺】
2006年らーナビ限定「味噌牛かぶり牛つけ麺」
2007年正月限定「恵比寿麺」
ラーメン二郎府中店【府中】
2007年26の日特別トッピング「ネギ味噌」
2007年26の日特別トッピング「糸唐辛子」
すずらん【渋谷】
2006年冬季限定「鶏清湯」
2007年春季限定「春碧麺」

9杯がエントリーです。
これまた非常にレベルの高いものばっかです。

準グランプリは

鏡花【立川】さんの
2005年11月の夢「二郎インスパイア チャカ風」

グランプリは

きら星【武蔵境】さんの
2006夏季メルマガ限定「旬の真鯵そば」

全部をグランプリにしたくらいですが、苦汁の選択でこの2店にしました。
鏡花【立川】さんの「二郎インスパ」はどこの二郎よりも丁寧で綺麗な二郎でした。提供開始から提供終了までの間に進化していくのが凄い。
きら星【武蔵境】さんの「真鯵そば」は真夏に食べる冷製和えそばって感じで、暑ささえも調味料になってました。最後にプチご飯を和えて食べるのも激烈に美味かったです。

【有名人似】
つーか意識してるだろ?!ってさえも思う店主さん達です。

あんどれかんどれ【国領】 ハンス・オシム
いつみ屋【府中本町】 小泉純一郎
ラーメン二郎ひばりが丘店【ひばりが丘】 市川海老蔵
多賀野【荏原中延】 志村けん
パワー軒【泉体育館】 小柳トム
白河中華そば孫市【西国分寺】 さまぁ~ず大竹
69’N’ROLL ONE【町田】 次長課長河本

以上7名の方がエントリーです。

グランプリは

パワー軒【泉体育館】の店主さんです。常にキョトンとした顔がキュートです。
あまりにもコミカルで直視できません。

以上500杯記念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鏡花(21)〔限定 煮干PART5〕【立川】

飛魚出汁

519杯目、今夜の俺の飯は『鏡花 飛魚出汁中華そば(煮干シリーズPART5)+味玉〔700円+ラーナビクーポン〕』

20度目の掲載です。(前回はこちら
限定ラーメンの「おやっさんのきまぐれ」が新しくなったとのことで訪問。

麺:中細やや縮れ
汁:飛魚煮干醤油
具:チャーシュー・メンマ・ネギ・味玉
卓:唐辛子・胡椒

Niboshi4

麺はボソッとした食感の中細縮れ麺です。ボソッとした食感が良いですが、大盛は不可とのことでした。今回はビール飲みながら食ったんですが、案外とゆっくり食べても伸びないです。むしろ汁を適度に吸った麺も良い感じです。
汁は煮干ベースのあっさりとした和風醤油です。飛魚の煮干(アゴ)ってことのようですが、それほど特筆するようなもんでもなかったです。逆に普通の煮干の方が俺的には好きです。ちょっと綺麗にまとまり過ぎかな?
具のチャーシューはいつもと一緒なのかな?ちょっと薄い気がしました。輪切りのネギが良いですね、鏡花のデフォルトメニューはネギではなく三つ葉なので、ネギが入ることが新鮮な気がします。味玉は・・・どうしちゃったんだろ?前のような流れ出ない程度の美しいキラキラと輝く半熟黄身ではなく、ごくごく平凡な味玉と化してしまったなぁ・・・。

★×2っつ半です。

麺は好きなんだけど他がイマイチでしたね、これならば700円のデフォルトメニューの方が好きです。チャーシュー一枚にして650円程度での提供が妥当かと思います。
味玉や接客の劣化には本当にがっかりです。細部に渡るまで「鏡花」という世界を演出する気概はどこにいってしまったんだろう。

定休日:なし
営業時間:11:30~15:00/18:00~22:00
住所:東京都立川市柴崎町2-12-20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翔丸②【西荻窪】

塩つけ

518杯目、今夜の俺の飯は『翔丸 チャーシュー塩つけめん(大盛)〔1,000円〕』

2度目の訪問です。(前回はこちら
今日はえらく暑いですねってことで、つけ麺と店主の態度が有名な翔丸へ訪問。

麺:中太直
汁:魚介紫蘇風味
具:刻みチャーシュー・紫蘇・葱・海苔
卓:胡椒・唐辛子・胡麻・酢

麺はやや柔らかめの中太麺です。前回の訪問時の麺とはちょっと変わっている気がします。前回はもうちょっと太く柔らかかった気がするな、前回の方が俺は好きです。今回も決して悪い麺ではないんですが、ちょっとありきたりな麺かな?
汁は梅紫蘇風味のつけ汁です。梅紫蘇の香りと強めの酸味が夏らしく良いですね。元ダレの甘辛さと梅紫蘇の酸味がジュワッとした感じでムチャクチャ美味いです。
具の刻みチャーシューは、煮豚ではなくローストポークのような柔らかさ、肉の旨みもしっかりとしていますが、値段の割りに量が少ないです。
スープ割りも美味いです。梅紫蘇の酸味がほどよくスイスイと飲んでしまいます。完飲です。

★×4っつです。

味についてはほぼ文句なしです。値段の割りに麺とチャーシューの量が少ないですね、そこが最大の欠点かな?
店主は非常に暗く怖い雰囲気ですが、ちゃんと挨拶はしてますよ。
まぁ誤解を受けるのも解らんでもないが・・・。
事実として入店時・提供時・食後に小さな声ですがお礼を言ってくれてます。

定休日:火曜
営業時間:11:30~14:30/17:30~22:00
住所:東京都杉並区西荻南2-6-10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

〇麺堂⑫〔曜日限定 雷牙〕【東伏見】

雷牙

517杯目、今夜の俺の飯は『〇麺堂 雷牙+〇麺ご飯+追加麺[900円+ランチ150円+150円]』

12度目の掲載です。(前回はこちら
先週より曜日限定が始まったとのことで訪問しました。

麺:中太縮れ
汁:鴨ダシ塩
具:鴨ロースト・メンマ・茎ワカメ・カットトマト・おくら・焼きアスパラ・焼きネギ・浅葱・レモン
卓:胡椒・にんにくチップ・辛子味噌

Raiga1

麺は中太縮れ麺です。適度な縮れとモッチリ感が良いんですが、量が少ないのに大盛ができないんです。量が少なければ追加麺を頼めば良いじゃんってなるかもしれませんが、追加麺だと細麺になってしまうので、この中太縮でもっと食べたいという希望はかなわないのです。
汁は鴨ダシの塩スープです。やや塩気が強いですが濁りの無い上品なスープです。そこにトマトやレモンの酸味が混ざることで味が変わっていくのも良い。
具の鴨ローストは美味いんですがチャーシューの代わりにはならないなぁ、やはりラーメンにはチャーシューだろう。
各種の野菜が素晴らしい、焼き野菜の香ばしさやアスパラ・ネギ・オクラのそれぞれの食感も良く。茎ワカメの食感もシャキシャキと良いです。ラーメンなのに野菜や海草を食べてるって感覚がすげー良いですね。特に鴨スープを吸った焼きネギが美味い、当にカモネギです。ちなみにトマトは皮剥きされており仕事の丁寧さが伺えます。創作麺の度に思いますが、野菜の使い方が素晴らしいです。茹でたり・焼いたり・揚げたりと色々とやってくれます。野菜ソムリエでももってるんですかな?

○麺ご飯にスープをかけて食べると鴨ダシ茶漬けになります。これがすげー美味い。
普通のライスにかけても美味いだろなー。

Tsuikamen

これが追加麺です。
残ったスープに入れて食べるんですが、細麺です。
ごま油と塩で味付けされているので、そのまま食べても美味いです。
と言うよりかそのまま食べたほうが美味いと思う。
○麺堂のスープは基本的に中太麺に合うように作られていると思う。

★×3っつ半です。

決して悪い★では無いのですが、○麺堂にしては満足度が低かったです。
鴨を使うアイディアが先行されてしまったかな?「鴨肉以外は素晴らしいのに・・・」というのが正直な感想です。
また燻しチャーシューを外すのであれば、それを超えるモノでなければなぁ・・・。鴨ローストではあの燻しチャーシューは超えられないです。
一番満足度が高かったのは最後の鴨だし茶漬けでした。
でもここの創作ラーメンっていつも日々進化するので、1週間後にはまたレベルアップしてると思います。いや大げさじゃなくてほんとに進化しちゃうんですよ。

最後に今までの創作麺は「春雷」「TSUNAMI」「秋鮭潮麺」「鬼爆」等ラーメンを食べると名前も納得なものだったのに、なんで「雷牙」って感じです。なんかもうちょっと良いのが無いかな?
あと「俺」にとって大盛が無いのは大問題です。もっと麺を食べたい人は強制的に細麺になります。

定休日:日曜・第二第四水曜
営業時間:11:30~15:00/19:00~24:00(スープ切れ終了)
住所:東京都練馬区関町南4-25-18

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸福②【三鷹】

丸福

516杯目、今夜の俺の飯は『丸福 玉子チャーシューメン(大盛)〔900円+150円〕』

2度目の掲載です。(前回はこちら
久々に丸福へ訪問しました。

麺:中細直
汁:濃色醤油
具:チャーシュー・メンマ・煮玉子・もやし・ネギ
卓:胡椒・酢・唐辛子

Up_21

麺は角ばった感じの中細麺です。今日はかなり柔らかめでした、残念ながら細麺でここまで柔らか目はちょっとなぁ・・・。
汁は色が濃く塩気が強そうなですが、むしろ塩気は薄く動物系のダシがググッと効いています。塩気が薄くダシが濃いんで飲み始めると止まりません。良い意味で昔ながらのスープです。
具のチャーシューは硬めですが前回同様パサパサではなく、前歯で噛むザックリと切れる食感と奥歯で噛み締めるミッシリとした食感が良い。もちろん味も良いです。
メンマもやや細めなんだがしっかりと味付けされ、硬すぎず柔らかすぎず渋い演出をしてくれる。
煮玉子は中心部までしっかりと火が通っていますが・・・。
この煮玉子が絶品なんですわ、白身が少なく黄身がデカイんです。んで、白身部分に醤油ダレがしっかり染み込んでて白身のすべてが薄茶色です。黄身部分は濃い黄色で、金持ちの子供が持っていた36色色鉛筆で言う「やまぶきいろ」って感じです。黄身の味が濃くポックリとした感じで、中身まで火が通った玉子でこれまで美味いと思ったのは初めてです。

★×3っつです。

麺がダメでした。正直これは伸びてましたね、一口目で麺はNGでした。
今日は茹で時間を間違えたのかな?って思うくらいに柔らかかったです。
あとこの麺が大盛で+150円ってのも解せないな、大盛にしても半玉増えるだけだし。
汁と具が絶品なだけに非常にもったいない気がしましたね、特に煮玉子は絶対に食ってほしいです。

定休日:月曜
営業時間:11:00~21:00
住所:東京都武蔵野市緑町1-4-3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸長【荻窪】

丸長つけ

515杯目、今夜の俺の飯は『丸長 チャーシューつけめん(大盛)』

初訪問です。
マルバ氏夫妻の友人のアロ氏が「僕のラーメンの原点は丸長で、丸長のスタミナラーメン以上のラーメンは無い!つけ麺もここ以上のものは無いな・・・」と豪語したとの話を聞いて行ってきました。

麺:中太直
汁:酢辛醤油つけ汁
具:刻みチャーシュー・メンマ・ネギ
卓:胡椒・酢・醤油・ラー油

Marunaga

麺は柔らかめに茹でられた中太直麺です。柔らかいと言うか伸びていると言うか・・・、しかしその柔らかさが不思議と美味いんです。麺は硬めが美味いと言った通説をぶった切るようなこの美味さ、ちょっと驚きです。
汁はラーメン用のタレに砂糖少々・酢・ラー油・胡椒を加えてスープで割ってよーく混ぜた感じのつけ汁です。ラー油と胡椒の辛味が一番強いかな?でもこれがまた不思議と美味いんです。ラー油・胡椒・酢・醤油ダレのバランスが絶妙!
具のチャーシューは赤身部分にややパサつきがあるものの美味いです。メンマも美味い。
スープ割りをすると一気に魚介の風味が強まります。つけ汁の時は直接舐めると辛すぎたラー油味が調度よくなります。熱々で美味いです。

★×4っつです。

調理時間が長かったりとマイナスポイントはあるのですが、店主が一心不乱に小さな器に入ったつけ汁や調味料をレンゲでかき回す姿には敬意すら覚える。また麺茹での際には彼なりのリズムで腰を横に振っています。これも敬意すら覚えます。
「俺」ごときが彼らを語るのも非常に申し訳ないが、江ぐち【三鷹】の親父と同じくらい愛すべきキャラです。メンマを竹の子と言ったり、茹で時間の誤差なんてお構いなしなとことか、素晴らしいです。数回行けば殿堂入り確実です。
アロ氏良い店を推薦してくれてありがとう。

定休日:水曜・第3日曜
営業時間:11:45~15:00
住所:東京都杉並区荻窪4-31-12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鏡花⑳〔限定鶏つけ白湯〕【立川】

鶏白湯つけ麺

514杯目、今夜の俺の飯は『鏡花 鶏つけ白湯(大盛)+チャーシュー+味玉〔800円+100円+200円+ラーナビクーポン〕』

20回目の掲載です。(前回はこちら
月曜日限定の鶏白湯のつけ麺バージョンです。

麺:極細直
汁:鶏白湯つけ汁
具:チャーシュー・刻みチャーシュー・浅葱・メンマ・肉味噌・味玉
卓:胡椒・唐辛子

Up_20

麺はしっかりと冷やされた極細のストレートです。まるでそうめんのようです。そうめんだと言って出されたらなかなか美味いそうめんですねと言ってしまいそうな感じです。
大盛だとかなりボリュームがあります。
汁は鶏油のネットリさが感じられる鶏白湯つけ汁です。提供時に既に温度はヌルいんですが、冷めてもネットリ感や鶏油の美味さが良いですね。細麺に汁がたくさん絡むのでつけ汁の減少が早いかな?
具のチャーシューは温められた状態で提供されるので、つけ汁が冷めることは無いですが、もっとあったかい汁に入った状態の方が美味いと思います。肉味噌と刻みチャーシューがなかなか良い感じに細麺に絡みますね、ラーメンには入らない浅葱も良い感じ。
最後のスープ割は熱々のスープを入れてくれて、熱々だけど鶏油のネットリ感が若干残っており、温められた美味さが楽しめます。

★×4っつです。

細麺ですがスルスルと飽きずに食べることができました。ちょっと麺とチャーシューを残してスープ割りして食べても美味かったです。前回の鶏白湯よりもレベルアップしてる気がしますよ!

定休日:なし
営業時間:11:30~15:00/18:00~22:00
住所:東京都立川市柴崎町2-12-20

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頑者【本川越】

頑者つけ

513杯目、今夜の俺の飯は『頑者 チャーシューつけめん(大盛)[1,000円+100円]』

初訪問です。
つけ麺の最高峰と謳われる店の一つ「頑者」へようやく訪問です。約40人ほどの行列で入替制をとってるので1時間ほど並びました。

麺:太直
汁:魚粉Wつけ汁
具:刻みチャーシュー・メンマ・ネギ・味玉半分・なると・海苔
卓:胡椒・唐辛子

Ganja

麺は表面に硬さを帯び、内部はフワッとした弾力を持つ捩れのある太麺です。独特の食感ですね、そんなに冷やされている麺ではなくややヌル目の麺でした。同行者のあつもり麺も試食しましたが、あつもりでも全くダレないです。
つけ汁は魚粉が多目に入ったつけ汁です。甘さも感じますがくどさの無い甘さです。このつけ汁もまたヌルいですね、これならあつもりがベターかな?
具のチャーシューはたっぷりと入ります。蒸し鶏のような柔らかさとチャーシューの旨さの両方を併せ持っています。つけ麺の刻みチャーシューってイマイチ存在感が薄いところが多いけど、これはとても美味かったです。
最後のスープ割りもなかなか美味いですが、魚粉の破片がザラザラとして舌触りはイマイチ、完飲はしなかったです。

★×3っつ半です。

麺とチャーシューはハイレベルでしたが伝説になるほどのつけ麺では無かったです。
数年前ならこの店がトップだったんでしょうが、これだけ並ぶのはちょっと考えられないなぁ・・・。
文蔵【三鷹】・黒潮屋【東久留米】・宝【田無】・多賀野【荏原中延】などここまで並ばないでも、ここよりも美味いつけ麺はいくらでもあると思いました。
土地柄で競争相手もいないのかな?

定休日:日曜日
営業時間:11:30~16:30(スープ切れ終了)
住所:埼玉県川越市新富町1-1-8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋武蔵 武骨④【上野】

武骨つけめん

512杯目、今夜の俺の飯は『武骨 つけめん(中盛)〔850円〕』

4度目の掲載です。(前回はこちら
つけ麺専門店が渋谷にできたそうですが、こちらでもつけ麺があるので食ってみました。
玉葱味とレモン味のどちらかを選べるとのことで、玉葱でオーダーしました。

麺:中太直
汁:醤油豚骨
具:刻みチャーシュー・和えメンマ(メンマ・きくらげ・ごま)・浅葱・玉葱スライス
卓:胡椒

Bukotsu

麺は中太で若干の捩れがありますが、ほぼストレートです。やや柔らかめなんですがダレてる訳じゃなく、いごっそう【武蔵関】のような柔らかさが美味い麺です。
汁はニンニク風味が効いた醤油豚骨です。ニンニク風味と醤油豚骨と二郎高田馬場のつけ汁に似てると思いました、でも二郎高田馬場のつけよりも甘みやクドさが抑えられていて非常に食べやすいです。
具はつけ汁の中に刻みチャーシューと和えメンマが入ります。客の目の前で柔らかく煮られた豚バラの塊を、バツンバツンと牛刀でカットしていきます。これは何度見ても美味そうですな、素晴らしい演出です。
和えメンマも和えられた状態で客の目の前のタッパ内に蓄えられているのだが、これも美味そうですな。麺に乗せられる玉葱スライスも絡みはほとんど無く、シャクシャクとした食感がナイス。
最後のスープ割りは濃い目薄めのどうしましょう?と聞かれますが、普通でとお願いしました。スープ割りもなかなか美味いです。

BGMがうるさかったり、掛け声がうざかったり、食事中の客の後ろに行列客を並ばせて食ったら早く出てけよというプレッシャーも感じさせたりと欠点はあるのですが・・・
BGMや掛け声については「麺屋武蔵 武骨」という名の演出の下にあまり嫌な感じににはさせない空気があります。

そして

店員が常に客を見回してるのがすごい。カップルの客で男が食い終わって行列に気を利かせて席を立つと・・・
「どうぞごゆっくり、お席にお付きください!」と店員が呼び止めてるではありませんか!
客応対にも余裕と自信があり、教育がしっかりとなされているんだなぁと思いました。

武蔵ブランドをちょっとなめてましたね、マニアル化された応対なのかもしれませんが
厨房を客にさらけ出し、「武骨」を演出した味・調理・接客に脱帽です。

★×4っつ半です。

本当は★5っつをつけたかったですが、演出や接客の素晴らしさに惑わされてはいかんと思い、★4っつ半にしました。
どこぞのサークル感覚ラーメンやメディアでの大口のみで実が伴わないお店はここを見習ってください。

定休日:なし
営業時間:11:30~21:00
住所:東京都台東区上野6-7-3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

凪⑨【立川】

薫醤凪豚

511杯目、今夜の俺の飯は『凪 燻醤凪豚+水餃子&ご飯セット〔720円+150円〕』

9度目の掲載です。(前回はこちら
凪の独壇場だったラーメンスクエアにでびっと等の新店が入った為、元王者という立場になってしまいました。しかし「反撃しても良いですか?」とドコモCMばりにリニューアルです。

麺:極細直
汁:香味油醤油豚骨
具:チャーシュー・もやし・ネギ
卓:七味唐辛子・生ニンニク

Nagi

麺は極細麺です。硬めでオーダーしましたが前に食べたときの方が美味い気がする。
でも150円だった替玉が100円になってます。
汁は以前の豚骨スープに醤油が強めに加わって香味油を浮かせた感じです。うーんなんか凪らしさが無くなった気がしますね。醤油豚骨と極細麺がイマイチ合ってないです。
具のチャーシューは美味しくなりました。燻製され香ばしい風味とクセがあって良いです。
もやしも薫製されてるとありますが良くわかりませんでした。
セットのライスが硬めに焚かれててとても美味かったです。これがお変わり自由はうれしいです。水餃子はまぁまぁです。+150円でこのセットはお得だと思います。

★×2つです。

豚骨醤油がイマイチでしたね。麺との相性も悪いので麺もイマイチな気がしました。
凪の得意とするのは醤油豚骨でなく、以前の白濁豚骨なんじゃないかなと思います。
リニューアルで今回のラーメンと博多豚骨ラーメン(凪の一杯)の2本柱になったので、もう一方の格安ラーメンの方が美味いのかな?

クーポンやら限定と言う安易なサービスはやらないと宣言されてますが、替玉が100円になったり多数のセットや格安ラーメンを提供したりと低価格路線で攻めてますね。素晴らしい試みだと思います。
ラーメンスクエア内に安価の新風を吹かして下さい!

定休日:なし
営業時間:11:00~24:00
住所:東京都立川市柴崎町3-6-29

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すずらん⑨〔限定 春碧麺〕【渋谷】

春碧麺

510杯目、今夜の俺の飯は『すずらん 春壁麺(1,200円)』

9度目の掲載です。(前回はこちら
こちらのブログでであんまりにも美味そうだったので限定ねらいで行ってきました。

麺:乱切り翡翠麺
汁:ミルクソースとかき玉ワンタンスープ
具:(和え)鶏肉・青菜・玉葱・赤唐辛子(汁)ワンタン・ニラ・かき玉
卓:ラー油・醤油・酢・胡椒・唐辛子

Men_2

ミルクソースと翡翠麺

Wantan_2

かき玉スープにワンタン

麺は青菜が練りこまれた縮れた翡翠麺で3通りの太さの平打ち麺で提供されます。よーく見ると麺に青い粒が混じっているのが良く分かります。麺を啜った瞬間の唇での食感がビロビロというかプリプリというか・・・とりあえずたまらないです。また幅広の麺がモッチリと噛み応えがあって噛んでてうれしくなってしまいます。
ミルクソースは鶏肉と玉葱がたっぷりと入っていて、鶏の旨味が濃縮されております。鶏のクリームシチューって感じです。
つけ汁として提供されるスープはワンタン入りの中華風かき玉スープです。かき玉の黄色と白とニラの緑が鮮やかです。
具の鶏肉はやわらかくミルクソースとの相性もバッチリですね、玉葱も溶けきらずに適度な食感を残したままパスタソースっぽさを演出しています。あしらわれている青菜と赤唐辛子も彩りを演出しています。
スープの具のワンタンはモチッとした厚めの皮に、箸でつまんでも崩れない適度なやわらかさの餡です。生姜が利いてて旨かったですね、これが5個も入ってます。

これを和え麺として食べると、まるでクリームソースパスタのようです。パスタ風ではあるもののしっかりと和え麺の部類って感じなんですよね、縮れのある翡翠麺に鶏肉たっぷりのソースが絡んで美味かったです。このまま一気に食ってしまおうかと思うくらいでした。
そして次は温つけで食べるんですが、ミルクソースが薄味の中華スープに混じりこんで中華スープの味がどんどん変わっていくんです。これがまた美味い!和え麺ではミルクソース100%だったものが、中華スープに入ることで中華の味になるんです。いやー和え麺で全部食べなくて良かった!

最後は残ったスープに麺とミルクソースを投入してラーメンとして食べます。これも馬鹿みたいに美味いです。ミルク風ラーメンって何度か食った気がしますが、美味かった記憶があんまりないです。しかしこれは本当に美味かったです。

★×5っつです。

さらに

殿堂入りです。

いやーこれはズルイですわ、やり方がズルイ!美味すぎですよ。
★×5じゃ足りないくらいです。
1,200円というコストも納得です。
もっと早く食っときゃよかったなー、もちろん汁完飲ですよ。
唯一の欠点は和え麺・つけ麺・ラーメンと麺の配分に悩むところですかね。

定休日:日曜・祝日
営業時間:11:30~16:00/17:30~23:00
住所:東京都渋谷区渋谷3-7-5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支那そば いしはら【西荻窪】

ミックスワンタン

509杯目、今夜の俺の飯は『いしはら ミックスワンタンメン(大盛)[900円+120円]』

初訪問です。
全国に弟子を輩出するたんたん亭【浜田山】の創業者がやってると聞いていたので、ワンタンを楽しみに行ってきました。

麺:中細直
汁:和風醤油
具:肉ワンタン・海老ワンタン・焼豚・メンマ・ネギ・のり
卓:胡椒・酢・醤油・ラー油

Ishihara

麺は中細ほぼストレート、中細麺のわりに茹で時間が長いかなって思ってみてましたが、できあがりはベストな茹で加減です。硬めでプルっとした感じでとても美味しいです。
汁は豚鶏の獣系に鰹や煮干を効かせたクリアーな醤油です。表面のうっすらとした脂が熱さとコクを出してますね。
具の焼豚はじっくりと硬めに焼かれたタイプ、肉の旨味がぎっちりと美味いですね。肉ワンタンは粗挽き肉と刻みネギのしっかりとした餡に、生姜や胡椒の味付がしっかりとしています。一方海老ワンタンですが、海老ワンタン独特のプリプリ感は弱いものの中身がフワっとした食感で美味いです。プリプリの海老ワンタンも美味いがこのフワフワの海老ワンタンもうまいですねー。

★×4っつ半です。

焼豚が2枚、肉ワンタン・海老ワンタンが2個づつで900円は良いですね
大盛で+120円なのがやや気になりますが、麺・汁・具と完成度の高い支那そばでした。

定休日:水曜
営業時間:11:30~16:00/17:30~21:30
住所:東京都杉並区西荻北3-22-22第7フロントビル1F

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝⑥【田無】

お宝つけめん

508杯目、今夜の俺の飯は『宝 つけめん(大)+お宝[800円+350円]』

6度目の掲載です。(前回はこちら
西東京市が誇る田無の若きエース『麺処 宝』へ久々の訪問です。何度か訪問しようと前を通ったんですが、行列が長かったのでやめてました。

麺:極太縮麺
汁:濃厚豚骨魚粉つけ汁
具:チャーシュー・刻みチャーシュー・メンマ・味玉
卓:胡椒・酢

Takara

麺は冷水で適度にしめられた極太麺です。がっしりとした歯応えとプルプルとした食感が美味しいですね。前回はあつもりで食べましたが、あつもりだとこの素晴らしさが半減されます。つけ汁が冷めるのが嫌なのであつもりを良く頼む『俺』ですが、ここでは冷やしの方が圧倒的に美味いと思います。
汁は豚骨ベースのトロミのあるつけ汁です。そこに細かな魚粉がたっぷりとかけられた状態で提供されます。このつけ汁がたっぷりの旨味をぎっちりと凝縮していて美味い。
トロミが結構強いので麺をどっぷりとつけるとつけ汁が絡みすぎてしまいます。また冷たい麺を浸すとつけ汁が冷めてしまうので麺の半分くらいまでをつけ汁に浸して食べるのが丁度良いです。
トッピングのお宝にはチャーシューが2枚・たっぷりのメンマ・味玉です。チャーシューが分厚つかったりメンマが極太なのは良いんだが両者ともに冷たい状態です。これをつけ汁に浸すと汁が冷めるし、そのまま食うにはチャーシューは脂身が多くメンマは味が薄い、あつもりorラーメン時でのオーダーがベターかな?味玉は7分ほど火が通った黄身が流れ出る程度です。

★×4っつ半です。

西東京ナンバーワンのつけ麺です。全国にも通用する麺とつけ汁です。
しかし具はお宝にしないと寂しい、お宝にするならあつもりorラーメンがベターになる。あつもりだと麺の本来の美味さは半減する・・・。と言うループに入ってしまうのが残念です。
お宝のチャーシューとメンマを温めて提供してくれないかな?
そしたら全てが解消される気がします。

店主の真剣な調理と隙の無い接客も素晴らしいです。

定休日:木曜
営業時間:11:30~14:00/18:00~21:00
住所:東京都西東京市南町4-3-9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

江ぐち⑧【三鷹】

五目

507杯目、今夜の俺の飯は『江ぐち 五目ワンタンメン+チャーシュー皿+ビール』

8度目の掲載です。(前回はこちら
三鷹で仕事があったので帰りに訪問しました。

麺:中太縮れ
汁:江ぐち化調醤油汁
具:チャーシュー・ワンタン・もやし・竹の子・ピーマン・なると・ハム・ゆで卵
卓:唐辛子・胡椒・酢

Eguchi_1

麺はグレーがかった中太麺です。がっしりとした歯応えに独特の風味のする麺です。
汁はカウンター目の前で化学調味料と醤油ベースのタレをダシ汁で割っています。
具のワンタンと半熟玉子は麺と同じ釜で茹でられます。麺を茹でてる最中におもむろにワンタンを湯に投入、玉子も釜の上で殻を割りそのまま生卵が湯の中に投入されます。す。

「俺」とほぼ同時に他のお客さんがオーダーしました。麺を釜に2玉投入する。その1分後ぐらいに他のお客さんが硬めでオーダーしました。
「はいよ、硬めね」と言って、既に2玉が茹でられている釜にもう1玉を投入します。
と言うことは、2玉の麺と1玉の茹で時間は異なる上に混ざっちゃうよね???
もうそんなことはあたりまえの店です。
一緒にオーダーしたほかのお客さんがワンタンを頼んでいるとラッキーなことに、普通のラーメンでもワンタンが紛れ込むことがあります。
そう、それが江ぐちです。
そういったのが嫌な方は訪問を避けられた方が良いと思います。
正直、「俺」も最初に訪問した際は二度と行かないと思いました。
しかし、知人に「だまされたと思って3回行ってみな、ハマるから・・・」と言われてハマりました。

評価対象外です。
そして『殿堂入り』です。

定休日:月曜
営業時間:11:00~14:30/16:30~20:30
住所:東京都三鷹市下連雀3-27-10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にんにくや 谷保店③【谷保】

にんにくや

506杯目、今夜の俺の飯は『にんにくや ちゃーしゅーめん+替玉〔900円+100円〕』

3度目の掲載です。(前回はこちら
2・3日前に、友人からにんにくや小金井店にいるとのメールが入りにんにくやが無性に食いたくなり、谷保店に訪問しました。

麺:細直麺
汁:クリア背脂豚骨
具:チャーシュー・もやし・きくらげ・浅葱・海苔
卓:生にんにく・ラー油・唐辛子・胡椒・元ダレ・ごま

Men_1

麺はツルツルとした細麺です。先日の大学ラーメン【東大和市】や凪【立川】のような小麦の風味がするものではなく、パスタっぽい感じの細麺です。麺自体の旨さはさほどありませんが、このツルツル加減は良いですね。替玉するとやや硬めのアルデンテでの提供となります。
汁は透明度の高い背脂豚骨醤油です。最初は何も入れずに汁をすすります。背脂豚骨の旨みとベース醤油がくっきりと旨いです。そしてチャーシューを一枚ムシャムシャと食べます。美味い。そして生ニンニクを一気に2つクラッシュします。これでムチャクチャ美味いスープが完成します。
具のチャーシューが美味いのは先に述べましたが、麺と一緒に口に入るネギやもやしのシャキシャキ感も良いです。一枚の海苔・一つのきくらげもアクセントとしてナイス。

★×3っつ半です。

替玉のアルデンテ加減はまさに職人芸と言わんばかりにすばらしいんだが、どうしてもチャーシューを食べると、小金井店のチャーシューと比較をしてしまう。
保谷店のチャーシューも十分に美味いのだが小金井店にはかなわないな・・・。

定休日:日・祝
営業時間:19:00~26:00(材料切れまで)
住所:東京都国立市富士見台1-8-9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ら~めん雫⑤【福生】

鶏の雫

505杯目、今夜の俺の飯は『雫 鶏の雫+チャーシュー+味玉+ライス〔650円+150円+100円+150円〕』

5度目の掲載です。(前回はこちら
二日前に行ったばかりですが秋川での仕事が続いたので行ってきました。

麺:やや平打ち中太縮
汁:鶏白湯
具:鶏チャーシュー・メンマ・ネギ2種・味玉
卓:胡椒・塩ダレ・化学調味料・葫チップ(無料オーダ)

Shizuku

水・金限定の塩味鳥白湯ラーメンです。二日前には無かった化学調味料と塩ダレが卓上にあります。「物足りなければ入れてみてください」とのこと、こういうスタンスは好きですね。自信はあるけど味の好みは十人十色だし、入れてみてもうちのラーメンは美味しいですよって感じですかね?
麺・具については特に変わりなく美味いです。鶏チャーシューなんかはオーダーすると「デフォで3枚ついてますけどトッピングですか?」みたいに確認されますが、これはトッピングしても食いたいです。
汁ですが、先日の鶏と魚介の雫よりも粘度が高くドロッとした中にほんの少しのザラザラ感があります。まさにポタージュのような鶏白湯、鶏の身まで炊き込んでるんじゃないかと思うくらいです。なぜかこれが汁だけで飲むとしょっぱくて、麺と絡めると薄い気がする・・・?なんでだろう?
無料トッピングの葫チップを途中で投入するとやさしい鶏風味の中に香ばしい風味とニンニク特有のコクが加わります。
レンゲですくって塩ダレや化学調味料を加えてみましたが、俺はなにも加えないほうが自然な感じで好きですね。
粗挽き胡椒を軽く振ると見た目もカルボナーラっぽくなって綺麗です。

★×3っつ半です。

美味かったですが、塩加減が強すぎました。好きな味なんだけどなぁ、残念。
最後に残ったスープにライスを入れて鶏白湯リゾット風で食べましたが、実はこれが一番塩加減のバランスがよく美味かったかもしれない。

定休日:月・日
営業時間:(平日)11:30~14:30/17:30~22:00(土曜)11:30~22:00
住所:東京都福生市福生1043-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »