【16.千葉・埼玉】

博士ラーメン 別館【鎌ヶ谷】

Hakase

814杯目、今日の俺の飯は『博士ラーメン 特醸醤油ラーメン[700円]』

初掲載です。
仕事で鎌ヶ谷方面に行ったので行ってきました。

麺:中太直自家製美健麺
汁:熟成醤油
具:チャーシュー・メンマ・味玉・ネギ

Hakase_men
麺は中太ストレートのニュルニュルとした食感の麺です。店内の蘊蓄には麺に青汁やゴマを練り込み、カンスイ未使用で体に良いと唄っております。こういったカンスイ抜きとか健康麺とかを謳うものは大抵余り美味く無いが、こちらの麺はなかなか美味い。

Hakase_shiru

汁は特醸醤油を名乗る醤油汁です。これまた店内の薀蓄に「体にいいものを使っております!」的な文書が散見されるが、醤油についての記載が無い。千葉は醤油が有名なのだからさぞかし良い醤油を使っているのだろうと期待したが、その文面は見当たらなかった。
Hakase_niku

具のチャーシューは、大判にスライスされた煮豚タイプ。脂の入り具合も適度でうまい。メンマは業務用かな?味・色共に薄い。味玉は固茹でのものが3等分にカットされたものが入る。

★×4っつです

「健康ラーメンです!」なラーメン店はどうせロクな店じゃないと思っていましたが、どこまで健康によいかは置いといて、なかなか旨いラーメンでした。

定休日:なし
営業時間:11:30~22:30
住所:千葉県鎌ヶ谷市道野辺本町1-15-12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜ラーメン 末広家②【本千葉】

Suehiro

812杯目、今日の俺の飯は『末広家 チャーシューメン(中盛)[1,000円]』

2度目の掲載です。(前回はこちら
今月の中盤から内勤から外勤に変わったこともあり、昼食にラーメン屋に行く機会が増えそうです。作り方は全部普通でオーダー。

麺:中太平打ち縮れ
汁:家系醤油豚骨
具:チャーシュー・ほうれん草・海苔・ネギ
卓:卸し葫・卸し生姜・辛子味噌・胡麻
Suehiro_men_3

麺は家系を構成するに欠かせない中太平打ち麺です。やや柔らか目の印象を受けたが、家系は硬目<柔目な俺にとってはむしろ好みの柔らかさです。

Suehiro_shiru

汁は家系醤油豚骨です。こちらも家系の王道を行く完璧ともいえる汁でした。醤油・豚だし・鶏脂のバランスがとても良いです。柔目の麺との相性も抜群です。午後の仕事の関係で卓上調味料は生姜と辛子味噌のみを使用。それでも旨いが、少量の葫を入れたいところでした。

Suehiro_up

具のチャーシューはやや硬目でパサつきを感じるもののありました。チャーシュー増にする価値は無かったです。

★×4っつです

とても美味しかったです。特にこの醤油豚骨スープはトップレベルです。
チャーシューメンにしなければ★×4.5以上でした
今年、横浜市港北区に開店した「末広家」との関係も気になります。

定休日:日祝
営業時間:平日)11:00~15:00/18:00~21:00 土)11:00~15:00
住所:千葉県千葉市中央区末広1-15-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜ラーメン 末広家【本千葉】

Suehiro_2

786杯目、今日の俺の飯は『末広家 ラーメン(中盛)+ライス[800円+100円]』

初訪問です。
千葉県の家系ナンバーワンと評される末広家に
家系好きの職場の上司「タカハ氏」と外出した帰りに訪問

麺:中太平打ち
汁:家系醤油豚骨
具:チャーシュー・海苔・ほうれん草
卓:胡椒・おろし葫・おろし生姜・唐辛子味噌・酢

Men_2

麺は中太平打ち麺です。モチモチとした食感の短めの麺です。家系の麺をしっかりと演出しております。

Shiru

汁は表面の鶏油がたっぷりと浮いた醤油豚骨です。作り方は「全部普通」でオーダーしたが、多目の鶏油と濃い目の醤油豚骨が適度に乳化している。普通オーダーでもこの位入っていたほうがむしろ俺の好み。

具のチャーシューは特徴のない煮豚タイプ。家系のチャーシューは吉村家以外はあまり特徴があるとは思っていないので、まぁこんなものか。ほうれん草が多めに入っているのがうれしい。

100円のライスにはチャーシューの肉片がまぶしてあり、なんともお得な感じ

★×4です。

横浜発祥といわれる家系ラーメンですが、千葉でこのスペックが出てくるのは凄い。オリジナリティは無いが、しっかりと横浜家系を演出している。ここまでしっかりとした家系であれば、逆にオリジナリティは不要なのだろう。作り方は全部普通でオーダーしたが、やや柔目・やや濃い目、やや多目で俺の好みにビンゴな作り方でした。
卓上にすり胡麻が無いのが残念だった。

定休日:日祝
営業時間:11:00~15:00/18:00~21:00 土は11:00~15:00
住所:千葉県千葉市中央区末広1-15-7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン二郎 大宮店【大宮】

Omiya

784杯目、今日の俺の飯は『大宮二郎 大盛豚増しラーメン(ニンニクヤサイ)[850円]』

初訪問です。
開店より気になっていた埼玉県唯一の二郎です。

麺:太直麺
汁:二郎カネシ醤油豚骨
具:豚・ヤサイ(もやし・キャベツ)・刻み葫
卓:唐辛子・胡椒・カネシ醤油

Men

麺はやや角ばった二郎系でも太めのストレート麺です。カネシ醤油の染み具合もいい感じです。
汁はやや乳化の二郎カネシ醤油豚骨です。写真でもわかる様に麺に肉片が付着しているが、食べる分には気にならない。むしろ二郎的な殺伐さを醸し出してくれる。
Buta

豚は厚くスライスされたものが数枚入る。スライスのものは旨かったがやや堅めだった。3枚目以降は顎と豚との戦いとなってしまった。豚増ししたことを後悔した。写真の肉塊は柔らかく旨かったので、スライス豚はブレだったかな?

★×3っつ半です

旨かったですが、他店を超える程ではありませんでした。またスライス豚の堅さが残念でした。

定休日:なし
営業時間:11:00~14:00/17:00~22:00
住所:埼玉県さいたま市大宮区下町1-25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士屋 木更津店【祗園】

Fujiya

781杯目、今日の俺の飯は『富士屋 大チャーシューワンタンメン[700円]』

初訪問です
千葉へ転勤後、竹岡ラーメンの有名店と聞き気になっておりましたが、木更津方面へ出張だったため行ってきました。

麺:中細縮れ
汁:竹岡式醤油
具:チャーシュー・ワンタン・メンマ・玉葱
卓:胡椒・唐辛子・オロシ葫

Men

麺は中細の縮れ麺です。竹岡式ラーメンというのは乾麺を使用しているようですが、乾麺にしては生に近い雰囲気で、柔らかすぎない茹で加減が良いです。
Shiru

汁はチャーシューの煮汁をお湯で薄めた感じの黒い汁です。これだけ書くと不味そうですが、色の濃さから想像するような塩辛さはなく、適度な甘辛さです。
Chashu

具のチャーシューは小ぶりなものがたくさん入る。端の部分や中央の部分と色々と味わえます。シッカリとした赤身部分とトロリとした脂部分のバランスが良い。細身で薄味ののメンマがカリカリといい感じです。刻み玉葱は細かく切られたものが少量。もう少し荒く刻まれた物を、たっぷりと乗せてほしい。
Wantan

ワンタンは餡が柔らかく、皮はもちっとしてます。まぁ普通かな

★×4っつです

特徴的な味ですが、好きな味です。そしてなんといっても基本ラーメンが450円というコストパフォーマンスが凄い。
この日は木更津のアウトレットパーク開店日で、渋滞を予想しましたがぜんぜん込んでませんでした。

定休日:月曜
営業時間:10:30~19:30
場所:千葉県木更津市清見台東2-2-15

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓬来軒【新倹見川】

Horai

776杯目、今日の俺の飯は『蓬来軒 ラーメン(大盛)[600円+100円]』

初掲載です。
千葉にある新潟ラーメンの名店とのことです。職場の上司の「タカハ氏」と訪問。

麺:細縮麺
汁:クリア魚介醤油
具:チャーシュー・メンマ・ネギ
卓:醤油・酢・ラー油・胡椒

Men

麺は縮れた細麺です。これといった特徴のない普通の麺です。

Shiru

汁はウルメイワシを使用しているとのことです。塩分をギリギリのラインまで控えており、魚介ダシがしっかりと生きている。グイグイといける汁です。

Up

具のチャーシューは汁の風味を壊さないようにする為だろうか、醤油を控えた柔らかい煮豚スライスが入る。醤油こそ控えてあるが、塩気はちゃんとついている。

★×3っつです。

シンプルでいい感じですが、麺の弱さがせっかくの汁を受け止められていない。もう少し麺に力強さがほしかったです。

定休日:水・日
営業時間:11:30〜14:00/17:30〜21:00(月・火は午前中のみ)
住所:千葉県千葉市花見川区花園2-10-14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽山坦々麺 稔台店②【みのり台】

Tantan

761杯目、今夜の俺の飯は『楽山担々面 特製担々麺(大盛)+中ライス[950円+100円+200円]』

2度目の訪問です。(前回はこちら

突然の休日出勤となり、昼食をとれなかったが、早く仕事が終わったので帰りに訪問しました。

麺:中細直
汁:中辛担々汁
具:チャーシュー・白髪ネギ・味玉・ナッツ・青梗菜・肉味噌
卓:ラー油・辛味噌

Men_2

麺は中細麺です。本格的な坦々麺というと細麺のイメージがあるが、これはこれで美味い。

Shiru

汁はピリ辛程度の辛さで若干の酸味がある担々汁です。ナッツ系の風味が強く、店内に展示してある様々な中華スパイスが入っているようで本格的な坦々汁です。酸味と中華スパイスのクセが嫌でなければ非常にお勧めです。

Chashu

Gu

具のチャーシューは丼を横断するほどの大きさ、見た目のインパクトはあるが、脂部が多くややしつこい。味玉は流れない程度の半熟、美味い。肉味噌・ナッツ・青梗菜が坦々麺を本格派にレベルアップさせている。もちろんライスとの相性も抜群

★×4っつです。

ランチタイムを逃したため、ライス食べ放題ではありませんでしたが、何故か前回よりボリューム感を感じました。前回はライスを2.5杯食べたが、今回は1杯で満腹でした。

定休日:月
営業時間:11:30~翌2:30
住所:千葉県松戸市稔台8-41

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梨の花【東千葉】

Photo

752杯目、今日の俺の飯は『梨の花 横浜とんこつらーめん+味玉[730円+100円]』

初掲載です。
「タカハ氏」「ノダゲル氏」と千葉の名店と言われる「蓬来軒」に行こうと思いましたが、定休日だったのでこちらの店に変更しました。メニューには「横浜とんこつ」「支那そば」「塩ラーメン」「つけ麺」といろいろと書かれているので、何がエースなのか不安ではありましたが、横浜とんこつをチョイス

麺:中太直
汁:濃厚魚介豚骨醤油
具:チャーシュー・海苔・ネギ・青菜
卓:胡椒三種(黒・白・緑)・酢・ラー油・醤油

Men

麺は硬めに茹でられた中太麺です。横浜とんこつなので家系のような麺を想像しておりましたが、もちもち感が高く、家系の麺よりも丁寧な印象を受ける麺です。この麺なら硬めではなくて、普通に茹でてほしかったです。(メニュー表にデフォルトで硬めと記載ありました。)あと麺量は少なめに感じました。
汁は魚介・豚骨双方の旨味が出されたややトロミのある豚骨醤油です。前勝軒の汁にそっくりでした。なぜこれを横浜とんこつと名付けたのだろうか・・・。家系ラーメンとは全く異なる汁です。俺的には「横浜豚骨=家系」なんだが、違うのかな・・・?
具のチャーシューは柔らかい煮豚のスライスです。トロリとして美味いが存在感はない。シャキシャキとした青菜がいい感じ。味玉は9割以上火が通っており、黄身の中心部にやや火の通っていない部分がある程度です。海苔はデフォで4枚入るようです。

★×3っつです

横浜とんこつを唄わなければスッキリと納得感を得れたのであろうが、家系定番の卓上のおろしニンニクも辛みそもない。このラーメンには合わないだろうし・・・。なんか不可解なラーメンでした。それなりに美味しいのになぁ・・・。どれがおすすめだったのだろう。
また価格設定と量のバランスが悪い気もします。680円程度で食べたかったです。

定休日;月曜
営業時間:11:30〜14:30/18:30〜21:00
住所:千葉県千葉市若葉区高品町1586-5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華 宮下【勝浦】

Photo

748杯目、今日の俺の飯は『中華 宮下 ラージャンメン(大盛)[700円+100円]』

初訪問です。
勝浦タンタン麺の名は以前より聞いており、カップラーメンのものは食べた事がありました。
今年からB-1グランプリに勝浦タンタン麺が出場ということや、千葉新聞に特集されていたのでこの店に行ってきました。

麺:中細直
汁:勝浦タンタン汁
具:ひき肉・タマネギ・浅葱・白髪ネギ・ニラ
卓:醤油・酢・ラー油・胡椒

Up1
麺は中細のストレート麺です。一般的な中細麺ですが、後半もダレる事のない麺でした。
Shiru
汁は動物系で出汁をとった醤油ラーメンにたっぷりのラー油を浮かしたって感じです。
これが勝浦タンタン麺独特の汁のようです。ラー油が浮いているというよりも一面を覆っている感じです。圧倒的なラー油のビジュアルのインパクトにびっくりするが、味はさほど辛くありません。むしろ甘辛って感じです。
Up2
具はひき肉と2〜3cm四方に切られたタマネギのみじん切りをしっかりと炒めたものが入ります。タマネギがものすごく甘いです。この甘さが汁の甘辛さを出しているのだろうか?白髪ネギとたっぷりのニラがうれしい。

★×3っつ半です。

辛いラーメンを想定してましたので、拍子抜けしましたが、美味しいラーメンでした。入店するや否や独特の雰囲気の店主が「タンタン麺しかないけどいい!?」と第一声でした。
まぁそれを食べにきたので全然かまわないが、壁のメニューにはチャーシューメン等の他メニューが多々張ってあります。タンメンに関しては「タンタン麺じゃありません」と注意書きまで(笑)
調理中は厨房から出てきませんが、調理が終わると水差しをもってコップの水を注ぎに来てくれた。

定休日:なし
営業時間:11:00〜19:00
場所:千葉県勝浦市墨名706-4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽山坦々麺 稔台店【みのり台】

Roshan
745杯目、今日の俺の飯は『楽山坦々面 特製坦々麺+ライス[1,050円+100円]

初掲載です。
松戸方面で仕事があったので、会社の上司にあたる「タカハ氏」と行って来ました。
携帯のカメラは相変わらず破損状態で、写真提供は「タカハ氏」です。

麺:中細直
汁:中辛坦々汁
具:チャーシュー・白髪ネギ・味玉・ナッツ・青梗菜・肉味噌
卓:ラー油、他失念

Up

麺は表面がツルりとした中細麺です。本格的な坦々麺というと細麺のイメージがあったので驚いたが、これはこれで美味い。汁自体も坦々麺というと芝麻醤などでやや粘度がある汁を想像していたが、こちらの汁は粘度はそれほどでもなく、この麺にあってるのかもしれない。
汁は前述にもあるが、粘度の低い坦々汁です。辛さもピリ辛程度で若干の酸味がある。酸味は好みが分かれるかもしれないが、様々な中華スパイスが入っているようで非常に本格的な坦々汁です。酸味と中華スパイスのクセが嫌でなければ非常にお勧めです。
具のチャーシューは丼を横断するほどの大きさ、暑さも4mm程度でボリュームがあるが、脂部が多くややしつこい。味玉は流れない程度の半熟、美味い。ナッツや青梗菜も坦々麺を本格派にレベルアップされるとても良い脇役を演じている。

★×4っつです

昨今の天気事情により、クソ暑い日の訪問となったが、適度な辛味と酸味が非常に食べ易くしてくれている。難点を言えば、麺がツルツルとしているのと、肉味噌の挽肉が大粒な為、麺と挽肉が絡み難い。ランチタイムは100円でライス食べ放題ともあり、麺や具でライスを一杯、残った坦々汁に浸して1.5杯食べてしまった。
残った坦々汁に挽肉やナッツが残り、ライスが進みます。ホント麺とライスどっちがメインかわからなくなるほどに美味かった。汁完飲です。

定休日;月
営業時間:11:30~翌2:30
住所:千葉県松戸市稔台8-41

| | コメント (0) | トラックバック (0)